バッファロー、アンドロイド端末をワンタッチでWi-Fi接続できる「AOSS for Android」の提供を開始


バッファローは、アンドロイド端末をワンタッチでWi-Fi接続できるアプリ「AOSS for Android」の提供を開始しました。

AOSS for Android

AOSS for Androidは、バッファロー独自の無線LAN簡単設定システムである「AOSS」をアンドロイド端末からでも実行できるようにするアプリで、バッファロー製無線LANルーターとのWi-Fi接続をボタンひとつで行うことができます。

アプリはアンドロイドマーケットからダウンロードできます。アプリ起動後、表示される手順に沿って進めていくことで難なく接続が完了します。(詳細な手順は公式サイトにてご確認下さい。)

動作確認済み機種は、NTTドコモのXperia(SO-01B)、Galaxy S(SC-02B)、Galaxy Tab(SC-01C)、LYNX 3D(SH-03C)、REGZA Phone(T-01C)、auのIS03、SIRIUS α(IS06)、ソフトバンクモバイルのGALAPAGOS 003SH、Desire HD(001HT)、Streak(001DL)となります。※XperiaはAndroid2.1へアップデートした端末のみ対応しています。※恐らくAndroid2.1以降を搭載するほぼ全ての端末に対応していると思われます。

動画やリッチコンテンツを頻繁に扱うスマートフォンでは3G回線よりもWi-Fiを使って通信したほうがより快適ですが、無線LANの設定はやや複雑であることが難点でした。パソコンよりももっとパーソナルで汎用的であるスマートフォンでは、女性や知識の少ない方でも簡単に設定ができるこのようなツールの整備が大事になってくるかと思います。他メーカーからも今後続々と登場することになろうかと思います。