アクセサリー レビュー

レイ・アウト Xperia arc用ハードケース「RT-SO01CC3/C」をレビュー

レイ・アウト ハードジャケット

実機へ装着後のレビューがありますので、そちらをご覧ください。本記事での感想と大きな相違があります。

※2011年3月31日追記:フラッシュを使った撮影時に反射した光が写真に写りこんでしまう問題があるようです。詳細はこちらをご覧ください。

レイ・アウトのXperia arc用ハードケース「RT-SO01CC3/C」が届きましたので写真を掲載します。

素材は一般的なハードケースで使われているポリカーボネート(熱可塑性プラスチック)です。

3Hハードコーティング

レイ・アウトのハードケースは傷を低減させる「3Hハードコーティング塗装」が施されて、一般的なハードケースよりも傷が付きにくくなっているとのことです。

同梱品

同梱品は、ケース本体、液晶保護フィルム、クリーニングクロス、フィルム貼付け用カード、フィルム貼り付けマニュアルです。いろいろ入っていてなんだかお得な気分です。

背面

背面です。手に持つと軽く、非常に薄いことがわかります。厚さはなんと極薄の0.8mm。

表面はつるつるしてます。ちゃんと本体に合わせて背面は湾曲しています。

カメラ部分

カメラ周辺部です。カメラレンズとLEDライト用の2つの穴が独立して開いています。

上面

上面です。ハードケースの場合は上面が開いているのが普通です。電源ボタンが直に押せるので押しやすさという点ではメリットがあります。逆に上面部分の保護能力はありません。

ストラップホール

底面も開いているのが一般的ですが、これは底面もカバーしてくれるタイプのようです。上の写真は底面のストラップホール部分です。

マイク口部分です。マイクの穴です。

3.5mmオーディオジャック部分3.5mmステレオミニジャック部分です。本体側のカバーと干渉しないように凸型に加工されています。

microUSBポート、ボリュームボタン

microUSBポート、ボリュームボタン部分です。同じく本体のカバーと干渉しないようになっています。

総評

こんなに薄くて軽いとは思いませんでした。薄さ0.8mmはかなり薄いです。透明度の高いクリアタイプですので、端末本体のカラーがそのまま反映されるのがいいですね。

造りは良いと思います。特に本体側のジャックカバーと干渉しないように加工されているのがGOODです。

それと忘れてはいけないのが付属品の多さです。保護フィルムにフィルム貼付け用カード、クリーニングクロスまで付いています。まあその分価格がちょっと高めなんですけどね。

レビュー商品:レイアウト Xperia arc SO-01C用ハードコーティングシェルジャケット/クリア RT-SO01CC3/C

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ