アクセサリー レビュー

レイ・アウト Xperia arc(SO-01C)用TPUソフトケースを試す

レイアウトTPUケース

レイ・アウト製ソフトケース「RT-SO01CC6」を購入してみました。そのレビューです。

ケース本体以外の同梱物は、液晶保護フィルム、クリーニングクロス、フィルム貼付け用カード、フィルム貼り付けマニュアルです。

背面

素材はTPUとなっており、ホコリが付きにくく、しなやかな手触りが特徴です。粘着感はありません。半透明であることもTPUの特徴の一つです。

内側

内側はさらさらとした手触りで、端末への装着がしやすいです。

装着後前面

装着してみました。

前面上部

前面上部です。センサー類に被ることもなくしっかりと収まっています。

前面下部です。ケースの縁がXPERIAのロゴに若干被りますが、私には気にならない程度です。ボタンがやや押しにくくなります。

装着後背面

装着後の背面です。ロゴやエンブレムが透過して見えるのが涼しげで格好良いです。あまり好かれないみたいですがdocomoの印字も私は嫌いじゃないです。

カメラ

カメラ部分です。カメラレンズ、LEDフラッシュ用の穴が若干ズレていますが個体差があると思います。

上面

上面です。電源ボタン部分が切り取られているタイプです。この方が直接ボタンを操作できてボタンが圧倒的に押しやすいです。

ボリュームボタン部分

ボリュームボタン、microUSB、着信ランプ部分です。microUSB部分はケーブル端子との干渉も無いですし、着信ランプもちゃんと見えますので良いです。ボリュームボタン部分について、はっきり言って押しにくいですが経験上ソフトケースはみんなこんなもんです。

3.5mmオーディオジャック

オーディオジャック部分です。悪くありません。

シャッターボタン

カメラシャッターボタン部分です。ここもボリュームボタン部分の感想と同じです。

底面

底面です。マイク用の穴に若干ズレがありますが個体差があるでしょうし、実用上問題ないレベルだと思います。

アーク形状

背面もXperia arcのアーク形状をちゃんと再現しています。

カメラ撮影テスト

読者様より、カメラ穴とフラッシュ穴の関係でクリアタイプのケースでは写真撮影時にフラッシュが光ると光が干渉して撮影後の映像がぼやけるとの投稿が多々あるとの報告を頂きましたので、今回のレビューよりその部分もテストしてみたいと思います。

※フラッシュを焚いて撮影しています。

ケース無し

ケース無し

RT-SO01CC6装着後

RT-SO01CC6装着後

ピンぼけしていて申し訳ないのですが、確かに何らかの影響を受けてケースの色が写真に写りこんでしまっているようです。これは致命的と言えます。

総評

レイ・アウト製だけに間違いのない製品だと思っていましたが、カメラ撮影において致命的とも思われる問題が生じてしまうようです。(フラッシュを焚かなければ問題ありません)

良い点としては同じTPU素材でも表面がさらっとするように加工されているため、ベトつきやホコリの付着が少ない点と、電源ボタンが押しやすい点です。その他全体的なパフォーマンスは非常に高く、本来ならば一押ししたいソフトケースです。

カメラの映り込みだけがなんとも残念です。

レビュー商品:レイアウト Xperia arc SO-01C用TPUソフトジャケット

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。