おもちゃ量販店トイザらスが子供向けにデザインされたAndroidタブレット「Tabeo」を発表


toysrus Tabeo

米国のおもちゃ量販店「トイザらス」が、子供向けにデザインされたAndroidタブレット「Tabeo」を発表しました。米国で10月21日に発売されます。価格は149.99ドル(約1万1700円)。

Tabeoにはゲーム、知育、エンターテイメント、書籍の、すぐに使える50のアプリがプリインストールされています。さらにコンテンツを拡大したい場合、約7,000の無料アプリを提供する「tabeo App Store」からダウンロードすることができます。

AndroidタブレットなのでもちろんWEBサイトの閲覧も可能ですが、心配されるのは子供への不適切なサイトの表示です。これに対しTabeoでは保護者管理機能を備えており、最大8ユーザーのセキュリティーレベルを個別に設定できるほか、使用時間帯を設定することも可能です。また、フィルタリング機能では所定の27カテゴリーをブロックできることに加え、サイトを個別にブロックしたり、許可することも可能。

ボディーには落下や衝突に備え、衝撃から保護するバンパーが付属します。取り外しが可能で、オプションで用意されるさまざまなカラーから選択することができます。

ディスプレイサイズはタブレットとしては小型の7インチで、解像度は800×480のWVGA。OSはAndroid4.0 Ice Cream Sandwich。CPUは1GHz動作のARM Cortex A8プロセッサ。メモリーはRAMが1GBでROMが4GB。最大32GBまでのmicroSDカードに対応します。

通信はWi-Fi IEEE802.11 b/g/n準拠。3G/4Gなどのモバイルネットワークには非対応です。外部端子としてminiHDMI出力端子とmicroUSB端子を備えます。カメラはフロントに1基。バッテリーは通常仕様で連続10時間。端末サイズは223×142×12.2mm。重さは380gとなっています。

情報元:toysrusinc