iPhone/iPad

Apple、「iPhone 5s」「iPhone 5c」を発表、日本ではドコモ・KDDI・ソフトバンクが販売

iphone5s_iPhone5c

Appleは現地時間9月10日、iPhoneの新モデル「iPhone 5s」と「iPhone 5c」の2機種を発表しました。日本ではKDDIとソフトバンクのほか、NTTドコモが初めてiPhoneの取り扱いを開始すると発表。3キャリアとも9月20日に2機種を同時発売します。

「iPhone 5s」はこれまでのiPhoneの流れを受け継いだフラグシップモデル。対して「iPhone 5c」はポップなデザインと低価格を特徴としたモデル。今回、AppleはiPhoneで初めて系統を2つに別けました。

「iPhone 5s」は前作からプロセッサとカメラが特に進化しています。プロセッサはモバイル向けでは初という64bitアーキテクチャーの「A7」を搭載。前モデル「A6」と比較して約2倍のCPU性能、グラフィックス性能を持ちます。また、「M7」と呼ばれるモーションデータを専門で処理するプロセッサを新規搭載。処理を分担することで消費電力の低減と動作の安定性に貢献します。バッテリーの駆動時間は、連続待受時間が最大250時間、連続通話時間が3Gで最大10時間と、iPhone 5よりも伸びました。

カメラは画素数こそ800万画素と前モデルと同じですが、15%大きいイメージセンサーと、F値2.2のより明るいレンズを採用し、より明るく高画質な撮影が可能となりました。1秒間に10回の連続撮影ができる「バーストモード」、2色のLEDを使うことで最適なフラッシュが可能な「True Toneフラッシュ」、720p@120fpsで撮影する「スローモーションビデオ」、自動手ぶれ補正なども搭載します。

指紋認証機能「Touch ID」も搭載しました。ホームボタンにセンサーが組み込まれており、指を触れるだけで画面ロックが解除されます。アプリなどのコンテンツ購入の際にパスワードを入力することも不要となります。

本体デザイン、本体サイズ・重量はiPhone 5から変わらず。カラーは「スペースグレイ」「ホワイト」「ゴールド」の3色になりました。

iphone5s_color

「iPhone 5c」は筐体にプラスティックを意図的に使い、金属では出せない5色の鮮やかなカラーでラインアップしています。4インチディスプレイ、「A6」プロセッサ。800万画素カメラ(F値2.4)などスペックはiPhone 5とほぼ同じ。本体サイズが124.4×59.2×8.92mmとやや厚くなり、重さも132gと増しています。

価格は携帯キャリアとの2年契約でiPhone 5sの16GBモデルが199ドル、32GBモデルが299ドル、64GBモデルが399ドル。iPhone 5cの16GBモデルが99ドル、32GBモデルが199ドルとなっています。

iPhone5C_green

iphone5C_color 情報元:Apple

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ