スマホ・タブレット レビュー

[CEATEC2013] ドコモ版Xperia Z1を見てきたよ、内蔵ストレージは32GBに倍増&スタミナモードは無し

IMGP3208_R

開催中のCEATEC JAPAN 2013のドコモブースにて展示されている「Xperia Z1 SO-01F」を見てきました。

「Xperia Z1 SO-01F」はソニーモバイルが海外で発表したAndroidスマートフォンの最新作です。メーカー発表により日本市場で発売されることは確定していましたが、今回ドコモがこのイベントで同機種を展示したことにより、少なくともドコモから発売されることは確定したことになります。

IMGP3209_R

ドコモ版では前面上部のいつもの場所に「docomo Xi」ロゴがプリントされてます。

IMGP3210_R

前面下部にはSONYロゴ。

IMGP3211_R

背面には日本向けモデルのみの赤外線ポートやFeliCaマークが確認できます。

IMGP3213_R

背面下部にはメーカー型番「SO-01F」がプリントされています。

IMGP3214_R IMGP3215_R IMGP3217_R IMGP3218_R

ほかの部分はグローバル版と同じです。

IMGP3226_R IMGP3227_R IMGP3228_R

これが現段階でプリインストールされていたアプリ一覧。

IMGP3224_R

システム情報です。モデル番号はSO-01F、Androidバージョンは4.2.2、ビルド番号は「14.1.H.o.496」。

IMGP3225_R

ストレージの状況です。グローバル版では内蔵ストレージは16GBですが、ドコモ版では32GBにグレードアップされているようです。

IMGP3220_R

こちらはアプリ履歴の画面。グローバル版のソフトウェアでは実装されていなかった「全アプリ終了」ボタンが確認できます。日本以外ではあまり要望がないボタンなんだそうです。

IMGP3222_R

電源管理設定の中に「スタミナモード」がありません。会場の説明員さんはノーコメントとのことでしたが、恐らくドコモ版では実装されないでしょう。ドコモサービスとの相性の問題なのでしょうか。

IMGP3219_R

通知エリアやクイック設定についてはグローバル版から変化がありませんでした。

以上です。基本的にはグローバル版と同じなので、外観など詳細が知りたければ、以前投稿したレポートを御覧ください。

「Xperia Z1 タッチ&トライ」ブロガーミーティングに参加!「Z」持ちだからこそ欲しくなる完成度の高いスマートフォン

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ