スマホ・タブレット レビュー

Android4.4 KitKatのロック画面を検証、ロック画面ウィジェットのON/OFFが可能に(更新)

kitkat_lockscreen

Nexus 5を用い、Android4.4(KitKat)でロック画面がどのように変化したのかを検証してみました。

kitkat_lockscreen1

デフォルトのロック方法は「スライド」で、従来通り鍵マークをスライドしてロックを解除します。

kitkat_lockscreen2

ロック方法に変化はみられません。スライド、フェイスアンロック、パターン、PIN、パスワードから選択できます。(パスワード入力フォーム右端にキーボードアイコンが表示されるようになり、入力方法の変更が可能になりました。)

Screenshot_2013-11-05-09-51-06_R

ロック画面を左にスライドすると画面右端からカメラ画面が出現し、カメラを直接起動できます。これは従来通り。

kitkat_lockscreen3

次に右にスライドしようとしてみましたが、なんとスライドできません。Android4.2~4.3では画面左端からロック画面ウィジェットを表示することができましたが、KitKatではデフォルト状態ではロック画面ウィジェットが無効化されています。セキュリティを考慮した変更でしょう。

kitkat_lockscreen4

ロック画面ウィジェットを使うには、本体設定のセキュリティ項目の中にある「ウィジェットの有効化」にチェックを入れます。

kitkat_lockscreen5

すると今度は右へのスライドが可能となり、ウィジェットを追加することができるようになりました。

kitkat_lockscreen6

以上です。ロック画面ウィジェットは人によっては全く使わない機能なので、セキュリティーの面からみても有効/無効を選択できるようになったのは良いことなのではないでしょうか。個人的にはEvernoteやGoogle Keepなどのメモ系アプリのウィジェットをロック画面に表示させておくのが好きです。

※追記:

大事なことを忘れていました。Android4.4 KitKatのロック画面では、本体で音楽再生中、アルバムアートが画面全体に表示されるようになりました。一時停止や曲送り/曲戻しもできます。

kitkat_rockscreen7

Nexus 5&Android4.4 KitKatのレビュー記事

  1. Nexus 5の開封レビュー、外観や付属品をチェック
  2. Android4.4 KitKat(Nexus 5)のホームアプリを検証、ページを無制限に作成可能に
  3. Android4.4 KitKatのロック画面を検証、ロック画面ウィジェットのON/OFFが可能に(この記事)
  4. Android4.4 KitKatの「immersive mode」を検証、副産物で全画面表示時のステータスバー表示が可能に
  5. Nexus 5のボリュームダウンキーが押したまま戻らなくなった話――新品交換してくれるって
  6. Jelly Bean以前と何が変わった?Android4.4 KitKatの本体設定を細かくチェック
  7. Nexus 5のハンズオン動画とベンチマーク結果、スコアは良くないけど実際の動作は満足

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ