スマホ・タブレット レビュー

Android4.4 KitKatの「immersive mode」を検証、副産物で全画面表示時のステータスバー表示が可能に

fullscreen_statusbar

Android4.4 KitKatに新搭載された「immersive mode」について検証してみました。

「immersive mode」はAndroid4.4 KitKatで初めて実装された新しいフルスクリーンモードです。「immersive」は”没入感”を意味する用語。読書やゲーム、動画再生中などにステータスバーもナビゲーションキーも表示しない全画面表示を実現します。

DSC_0783_R

ステータスバーもナビゲーションキーも表示されない新しいフルスクリーンモード。画面の上から下にスワイプするとフルスクリーンを解除できる。

上の写真はPlayブックスの読書画面。Android4.3以前ではステータスバーは非表示になるものの、ナビゲーションキーまでは隠れませんでした。Android4.4 KitKatでは両方が自動的に隠れ、よりコンテンツに没頭できるようになりました。全画面を解除するには画面の上から下方向にスワイプします。

現時点でこのモードをサポートしているアプリは多くありません。軽く確認したところ、Playブックスアプリの他はギャラリーの動画再生時の画面、それにAndroid4.4 KitKatのイースターエッグ画面くらいでした。今後アプリ単位でAndroid4.4 KitKatへのサポートが進み、immersive modeをサポートしたゲームや読書などのアプリが登場するものと思われます。

なお、immersive mode実装の副産物として、全画面表示からのステータスバー表示が可能となっています。これまでは、例えばギャラリーの動画再生画面ではステータスバーへのアクセスができず、クイックセッティングからの画面回転制御といった操作ができませんでしたが、Android4.4 KitKatでは画面最上部から下にスワイプすることで隠れていたステータスバーを強制的に表示させることが可能です。記事冒頭の画像のようにゲーム中でもOK。同機能はサムスンのGALAXY S3以降で実装されていたかと記憶していますが、これをネイティブにサポートしました。

これまでギャラリーの動画再生画面ではステータスバーの表示が出来なかったが、Android4.4 KitKatでは画面上から下にスワイプすることで表示させることが可能になった。

これまでギャラリーの動画再生画面ではステータスバーの表示が出来なかったが、Android4.4 KitKatでは画面上から下にスワイプすることで表示させることが可能になった。

Nexus 5&Android4.4 KitKatのレビュー記事

  1. Nexus 5の開封レビュー、外観や付属品をチェック
  2. Android4.4 KitKat(Nexus 5)のホームアプリを検証、ページを無制限に作成可能に
  3. Android4.4 KitKatのロック画面を検証、ロック画面ウィジェットのON/OFFが可能に
  4. Android4.4 KitKatの「immersive mode」を検証、副産物で全画面表示時のステータスバー表示が可能に(この記事)
  5. Nexus 5のボリュームダウンキーが押したまま戻らなくなった話――新品交換してくれるって
  6. Jelly Bean以前と何が変わった?Android4.4 KitKatの本体設定を細かくチェック
  7. Nexus 5のハンズオン動画とベンチマーク結果、スコアは良くないけど実際の動作は満足

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ

2件のコメント