Android

パナソニック、法人向けの5インチ頑丈タブレット「TOUGHPAD FZ-E1/FZ-X1」を発表、Windows版とAndroid版の2モデル

TOUGHPAD FZ-X1

TOUGHPAD FZ-X1

パナソニックは2月24日、法人向けのタブレット端末「TOUGHPAD FZ-E1」と「TOUGHPAD FZ-X1」を発表しました。価格はオープン。Windows Embedded 8 Handheldを搭載したFZ-E1は6月中旬、Android(4.2.2)を搭載したFZ-X1は8月下旬に発売されます。

同社の法人向けタフネスタブレットシリーズ「TOUGHPAD」の新モデルです。タブレットとしては小型の5インチディスプレイを搭載しており、また音声通話や3G/LTE通信にも対応しています。

ディスプレイは手袋を装着したままでも操作可能な「高感度近接検知タッチパネル」と、画面に雨や水滴が付着しても誤動作しない独自開発の「水滴誤動作防止機能」を搭載しています。

タフネス性ではMIL-STD-810Gはもちろん、独自に3メートルの高さからの落下試験も実施。IP65/IP68に準拠した防塵・防滴/防水性能も有しています。さらに本体にヒーターを内蔵しており、-20℃の低温環境から60℃の高温環境でも使えます。

このほか、1次元/2次元対応のパーコードリーダーや、夜間撮影用高輝度フォトライトを搭載したリア800万画素・フロント130万画素のカメラ、100dBA大音量ツインスピーカー、ノイズサプレッサー、NFC、高度なセキュリティ機能などを搭載しています。

プロセッサはWindowsモデルが「Snapdragon MSM8974AB(2.3GHzクアッドコアCPU)」、Androidモデルが「Snapdragon APQ8064T(1.7GHzクアッドコア)」を搭載。この他の主要スペックは共通で、2GB RAM、32GB内蔵ストレージ、6,200mAhバッテリーを搭載し、通信機能はWi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth4.0、ネットワークはLTE/3G(HSPA+/WCDMA, CDMA2000/1xEV-DO)に対応。インターフェースはmicroUSB、microSD カードスロット、NFC(Type A、B、C)を備えます。

本体サイズは高さ165mm × 幅87mm × 厚さ31mm。重さは約430gとなっています。

情報元:パナソニック

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ