スマホ・タブレット レビュー

ドコモの「Xperia Z2 SO-03F」を入手したので開封してみました

本日5月21日発売のソニー製Androidスマートフォン「Xperia Z2 SO-03F」を入手しましたので早速開封してみました。

IMGP4711_R

化粧箱は前作Xperia Z1 SO-01Fと同じ真四角で薄型のもの。

IMGP4712_R

同梱品も同じで、Xperia Z2本体、マグネット式卓上ホルダ、卓上ホルダ交換用アタッチメント、テレビ・モバキャスアンテナ、それに冊子類です。ACアダプタやUSBケーブルは付属していないので、持っていなければ別途購入する必要があります。新発売の「ACアダプタ05」を使用すれば、1時間で1,800mAh以上充電できる「急速充電2」が利用できます。

IMGP4744_R

Xperia Z2の前面です。ぱっと見はXperia Z1とほぼ同じですが、上下にスピーカーが付いていたり、通知LEDが大型化していたりします。ベゼルも狭くなりました。

IMGP4796_R

こちらがスピーカーと通知LED。

IMGP4781_R

もうひとつのスピーカーです。

IMGP4746_R

背面もほとんど変わりありませんが、赤外線通信機能が省かれたため赤外線ポートがありません。また、背面上部にあったセカンドマイクは上側面に移動しています。

IMGP4750_R

フレーム部は引き続きアルミが使われていていますが、カラーリングがZ1から変更されています。中央がシルバーになったことで、よりメタルの質感が強調されました。Xperia ZからZ1、そしてZ2と、外観が段々と派手になり、中身が強化されたことがイメージできるのは良いと思う反面、やや大人げないデザインになってしまったかなという感想。個人的にはもう少しXperiaらしい、靭やかさのあるデザインだと嬉しかったです。もちろん十分格好良いのですがね。

デザイン以外では、Z1ではSIMカードスロットがあった場所がmicroSDカードスロットに変更されています。電源、ボリューム、カメラボタンはそのままです。

IMGP4757_R

microSDカードスロットはトレイ式になりました。microSDカードスロットは従来どおりの押し込んで着脱するタイプでした。トレイに見えたものは、シリアルナンバーやメーカー型番、FCC ID、CEマーキングなどが記載されたプレートでした。

IMGP4758_R

左側面には卓上ホルダ用端子とmicroUSB端子、SIMカードスロットがあります。角にはストラップホールも用意されています。

IMGP4761_R

microUSB端子とSIMカードスロットは1枚のカバーで収められています。使用頻度の低いSIMカードスロットが充電する度に露わになるのはちょっと気持ち悪い気もしますが、USB端子周りがガバっと開くので、端子挿入時にカバーがチョロチョロして邪魔にならないのは良いと思いました。

IMGP4762_R

上側面にはオーディオジャックとセカンドマイクがあります。オーディオジャックはキャップレス防水です。

IMGP4763_R

下側面の中央にある3つの穴は、左側2つが空気穴で、右1つが送話口です。空気穴は「端末内の余分な空気を抜くためのもの」とマニュアルには書かれています。熱で膨張した空気を抜くのでしょうか。

IMGP4769_R

初代Xperia Zとの大きさ比較です。左がZ2で右がZ。縦にずいぶんと大きくなったことがわかります。横幅も若干増しています。ただ、Xperia Zからひと回り大きくなったことによる携帯性や操作性の違いはほとんど感じませんでした。逆にZ2では側面に丸みが持たされているので、持った時の印象はZよりもソフトです。重さはZ1から軽量化されています。

IMGP4718_R

こちらは付属の卓上ホルダです。

IMGP4722_R

裏面にはシリコン(?)が張り付いていて、卓上でズレることを防止しています。

IMGP4723_R

microUSB端子があり、ACアダプタとつなぐことでスマートフォン本体の電池を充電します。なお、パソコンと接続しても充電やデータ転送はできません。

IMGP4731_R

IMGP4735_R

IMGP4738_R

セットするとこのようになります。マグネット式になっており、押し込まなくてもカチッと定位置に固定されます。

IMGP4741_R

幅の異なる交換用のアタッチメントが付属しており、保護フィルムやケースを装着するなどして厚みが増しても、ある程度は対応できるようになっています。

so-03f_memory

メモリーの具体はこんな感じ。流石にRAMが3GBもあると余裕ですね。

so-03f_memory_2

端末情報です。OSバージョンはAndroid4.4.2。ビルド番号は17.1.B.0.318。起動するとメディアアプリの更新が来ていました。

最後にプリインストールアプリ一覧を貼っておきます。

so-03f_apps1

so-03f_apps2

(2014.05.21修正)

microSDカードスロットに関する記述を修正しました。

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ