アクセサリー レビュー

Xperia Z2 SO-03F用のビザビ製ガラスフィルム「OverLay Glass for Xperia Z2 SO-03F」を試してみました

IMGP4819_R

Xperia Z2 SO-03F用の保護ガラスフィルム「OverLay Glass for Xperia Z2 SO-03F」を購入し、試してみました。

飛散防止フィルムが廃止され指すべりも耐傷性も向上したXperia Z2ですが、強化ガラスとは言え全く傷が付かないわけではありません。やはり美しさを保つためにも何かしらの保護フィルムは着けておきたいところで、今回はガラスの指すべりと耐傷性が維持できる、ガラス素材のフィルムをチョイスしてみました。

購入した製品は、モバイル端末用の保護フィルムとしては老舗のビザビ製のガラスフィルム「OverLay Glass for Xperia Z2 SO-03F」です。価格は税込4,980円。特徴は、表面硬度9Hで衝撃に強く、0.2mmの薄型強化ガラスを採用。特殊表面処理により指すべりが滑らかで、指紋や汚れ防止の効果も有り。吸着面が自己吸着型で、かつ気泡が入りにくい構造なため、貼り付けが簡単など。

IMGP4820_R

それぞれ個別にパッケージングされた表面用と裏面用の2枚のガラスフィルムが届きます。また、購入特典として、保護フィルムの端切れで作ったホコリ取りシートも付いてきました。

IMGP4823_R

先ほど紹介した特徴がパッケージにも記載されています。ドイツメーカーSHOTTO AG社製のガラスを使用。フィルムの厚さについては出回っている製品の多くがガラスのみの情報を記載していて、貼り付けシートの層を含めたトータルの情報を表示しているものは少ないそうです。この製品にはそれが記載されているので安心できますね。薄さも最薄クラスです。

IMGP4837_R

入っているのはガラスフィルム表・裏用各1枚、アルコールパッド、クリーニングクロス、試供品のホコリ取りシート。

IMGP4856_R

ガラスですが薄いのでたわみます。

IMGP4857_R

アルコールパッドが付属しているので汚れ取りが楽ちんです。

IMGP4849_R

貼り付ける前にスマートフォンに重ねてきちんと位置合わせをしておくのが失敗しないコツです。今回の製品はジャストサイズにカットされていたので、貼り付け位置の調整が比較的簡単でした。

IMGP4860_R

貼り付けは簡単です。自己吸着型なので、位置を合わせてそっと置くだけで勝手に貼り付いてくれます。

IMGP4858_R

気泡が入っても上から柔らかい布で押さえると空気が抜けていきます。抜けない場合は少し力を入れて外に追い出してあげればOK。

IMGP4873_R

ばっちり綺麗に貼れました。指すべりも美しさも素の状態と遜色ありません。むしろ若干指すべりが良くなった気がします。

IMGP4865_R

本体側面のエッジから僅かにはみ出る程度の厚さです。使い心地に影響はないでしょう。

IMGP4871_R

ただし卓上ホルダは標準のアタッチメントでは収まらなくなってしまったので、Xperia Z2に付属の幅広アタッチメントに変更しました。

IMGP4877_R

誤動作防止のためセンサーやカメラ部分が繰り抜かれている製品もありますが、今回の製品は繰り抜かれていないタイプでした。支障がないということなのでしょう。

IMGP4879_R

背面のカメラ部分は繰り抜かれていました。メインカメラなので画質優先ということなのでしょうか。

[hr style=”dashed”]

大変クリアで指すべりもよく、サイズもジャストフィットなので品質は間違いないと思います。ガラス製なので貼り付けが難しいと思っていたのですが、むしろプラ製フィルムよりもたわみが少なくて簡単に感じました。

約5,000円しますが、表面用と裏面用の両方がセットになっていて、しかも裏面用もガラスフィルムなので、コストパフォーマンスは良いと思います。

Amazon.co.jpの販売ページ

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。