スマホ・タブレット レビュー

ドコモの「Xperia Z3 SO-01G」を入手したので開封してみました

IMGP5122_R

本日10月23日発売のソニーモバイル製Androidスマートフォン「Xperia Z3 SO-01G」を入手しましたので早速開封してみました。

IMGP5090_R

ドコモオンラインショップで購入しました。21日に注文して、23日の午前中に届きました。

IMGP5091_R

ダンボールの中にはXperia Z3一式と、各種マニュアル類、キャンペーンチラシ、Xperiaロゴ入りタオルが入っていました。

IMGP5092_R

このタオルはドコモオンラインショップで「Xperia Z3 SO-01G」、または未発売の「Xperia Z3 Compact SO-02G」を購入すると、特典としてもらえます。

IMGP5095_R

オンラインショップで購入した場合、開通手続きは自身で行う必要があります。といってもウェブサイトからボタン1つで即時開通します。電話でも受け付けています。

IMGP5097_R

今回はSIMカードの変更を伴う契約だったので、新しいSIMカードも同梱されていました。

IMGP5099_R

化粧箱はいつもと変わらない感じ。カラーは人気の無い(?)「カッパー」を選択してみました。

IMGP5101_R

ご対面。

IMGP5102_R

同梱品はXperia Z2 SO-03Fと全く同じです。Xperia Z3本体、マグネット式卓上ホルダ、卓上ホルダ交換用アタッチメント、テレビ・モバキャスアンテナ、冊子類です。ACアダプタ、USBケーブル、ヘッドセットは付属していません。

IMGP5103_R

卓上ホルダも変化なし。

IMGP5109_R

本体前面です。大きく変わったのはフロントスピーカーの形状。Z2ではエッジと一体化したようなデザインでしたが、Z3ではシンプルな楕円形となり、配置も内側に寄りました。また、スクリーン上部にあった「docomo Xi」ロゴが「SONY」ロゴに差し替わりました。

IMGP5128_R

スピーカー部分にあった通知LEDは左上の角に配置されました。

IMGP5108_R

背面はロゴの配置が変わったくらいで他はZ2からほとんど変わっていません。前面から移動してきた「docomo Xi」ロゴが存在感あり過ぎで忌まわしい・・・。

しかしどうですか?このカラー。落ち着いていて品があり、見方によってはゴールドっぽくも見えて、プレミアム感も持ち合わせています。実機をあまり確認せず勢いで買ってしまったわけですが、意外にも好印象でした。迷われている方は是非一度店頭でチェックしてみてください。(ブラックも無骨で格好いいですよねぇ~)

IMGP5114_R

右側面には電源ボタン、ボリュームボタン、カメラボタン、microSDカード/SIMカードスロットがあります。

IMGP5116_R

側面のデザインはこれまでのZシリーズにあったフラットな部分がなくなり、完全な円弧状になりました。カラーもツートンではなくなったので背面との一体感が強まり、ソリッド感がアップしました。Z1、Z2と続くにつれてメタルの質感が強まり、やや大人げない印象となっていたので、個人的には靭やかで落ち着きのあるこの側面のデザインには良い印象を抱きました。

本体の厚さと重さについて、Z3はZ2よりも寸法上約1mm薄く、約10g軽くなっています。重さについては正直なところ顕著な違いは感じられませんでしたが、厚みは確かに薄くなったことを体感でき、側面の丸みも相まって持ちやすさが若干向上したように感じました。

IMGP5126_R

microSDカード/SIMカードスロット部分。

IMGP5115_R

反対側にはUSB端子、卓上ホルダ用端子、ストラップホールがあります。

IMGP5124_R

Z2ではmicroUSB端子とSIMカードスロットが1枚のカバーで収められていましたが、Z3ではmicroUSB端子が独立しました。私はUSBケーブルの直挿しを頻繁に行うので、独立していたほうが何かと都合が良いです。

IMGP5121_R

上側面にはオーディオジャックとセカンドマイクがあります。オーディオジャックは引き続きキャップレス防水です。

IMGP5113_R

下側面には何もありません。Z2では2つの空気穴と1つの送話口で、計3つの穴がポチポチとあいていましたが、Z3では空気穴が無くなり、送話口は前面下側のフロントスピーカーと一体化されました。

xperia_z3_systeminfo

最後に端末情報とメモリーの使用状況を載せます。プロセッサはMSM8974PRO-AC。OSバージョンはAndroid4.4.4。ビルド番号は23.0.B.1.1となっていました。メモリーは再起動直後で1.5GB使用、1.1GBの空きとなっていました。

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ