Android Tizen

Samsung、Tizen OSを搭載した初の商用スマートフォン「Samsung Z1」をインドで発売。価格は約1万1千円

samsung_z1

Samsungは現地時間1月14日、Tizen OSを搭載したスマートフォン「Samsung Z1」を発表しました。同日よりインド市場で販売を開始。Tizen OSを搭載した初の商用スマートフォンということになります。

主なスペックは、Tizen 2.3、4.0インチWVGA(800×480)PLSディスプレイ、1.2GHzデュアルコアCPU、768 RAM、4GB内蔵ストレージ+microSDカード、310万画素/VGAカメラ、1,500mAhバッテリーなど。価格は5,700インドルピー(約11,000円)と安価で、シンプルで簡単なインターフェースが特徴。ロースペックながら”軽い”Tizen OSの採用により高速でスムーズな動作が可能としています。

通信はGSM(850/900/1800/1900MHz)、HSDPA(900/2100 MHz)に対応し、デュアルSIMカードスロットを備えます。ほか、Wi-Fi 802.11 b/g/n、Bluetooth4.1、USB 2.0、GPS、各種センサーをサポートしています。

本体サイズは120.4×63.2×9.7mm。重さは112gです。

Samsung-Z1-Product-Specifications1

情報元:Samsung

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ