テクノロジー

シャープ、スマホ向け4K IGZO液晶を開発したと発表。2016年度をめどに量産

igzo_4k

シャープは、中国で開催された展示会「CITE 2015」において、スマートフォン向けの5.5インチ4K解像度のIGZO液晶パネルを開発したと発表しています。

発表されたのは、5.5インチで画素数が3840×2160ピクセルのIGZO液晶パネルです。表示エリアサイズは12.1cm×6.8cm。画素密度は806ppi。

Galaxy S6などの現行の最新機種では2Kディスプレイ(1440×2560ピクセル)を搭載するのが主流となっていますが、今回発表されたパネルはその2倍の画素数を持ちます。一般的なカラー印刷の精細度が400ppi程度なので、グラビアを超える解像度となります。

2016年度を目処に量産化されるとみられています。

情報元:ケータイWatch

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ

2件のコメント

  • いつも情報有難うございます。
    サムスンは今年の夏に発表すると言われているGalaxy Note5(5.89インチ)/5 edge(デュアルエッジで5.78インチ)で4Kディスプレイを投入するなんて言われていますね。

    • コメントありがとうございます。

      Galaxy Noteは今年の夏に4Kですか。本当なら凄いですね。やっぱりGalaxyは常に一歩先ゆくスペックでなければいけません。わくわくしますね(^^