Android デバイス&OS

Google、Android OSの次期バージョン「Android M」を発表。Nexus 5 / 6 / 9向けの開発プレビュー版も公開

Android_M_preview

Googleは現地時間5月28日、Android OSの次期バージョン「Android M」を発表し、その開発プレビュー版となる「Android M Developer Preview」の配布を開始しました。Nexus 5、6、9、Playerで試すことができます。

Android Mは、Androidのコアなユーザー体験を改善することにフォーカスがあてられています。1000以上のバグ改善に加え、プラットフォームの基本部分に大きな変更が加えられました。なお”Android M”は正式なバージョン名ではなく、正式版のリリース時にはAndroid 5.xなどのバージョンが与えられる見込みです。

Android Mでは、アプリが要求するパーミッションをユーザーがコントロールすることができるようになります。アプリが位置情報や連絡先、カメラなど端末のデータや機能にアクセスしようとするとき、許可を求めるポップアップが表示され、ユーザーは許可する・しないをを選択することができます。また、ユーザーは設定から全てのパーミッションを簡単に管理することができます。

cropped_runtime_permissions

新たに追加されたApp Linksと呼ばれる機能は、アプリとアプリの直接のリンクを可能にし、アプリ間の連携をさらに強化する機能です。autoVerify属性が付けられたリンクをタップすれば、指定されたアプリがダイレクトに立ち上がり、ユーザーはコンテンツを表示するアプリを選ぶ必要がなくなります。

電源管理には「Doze」と呼ばれる省電力モードが追加されました。端末がしばらく放置された状態であることを検知すると、バックグラウンドのアクティビティを制御し、バッテリーの消費を抑えます。より高速で充電可能なUSB Type-Cもサポートされました。

Google Nowには「Now on tap」という機能が追加されました。利用中のアプリを閉じることなくGoogle検索が利用でき、しかも表示中のアプリの内容から必要と思われる情報が自動的に表示されます。たとえばメッセージアプリで友人から新しいレストランに招待されたとき、ホームボタンをロングタップすればそのレストランの場所や評価、予約するためのアプリへのリンクなどがオーバーレイで表示され、メッセージを続けながら情報を取得することができます。

cropped_now_on_tap_

このほか、OSレベルで指紋認証機能がサポートされ、画面ロックやGoogle Playでの決済に利用できるようになりました。サードパーティ向けのAPIも公開され、さらに多くのアプリで指紋認証が可能となります。また、NFCを利用した決済サービス「Android Pay」もサポートされました。

Android M Developer Previewの概要やダウンロード

情報元:Google

 

関連記事

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。