スマホが楽しくなる情報 ビジネス

ドコモがスマホを使って遠隔で水田の状況を確認できるシステム「PaddyWatch」を販売開始

ドコモがタブレットやスマートフォンを使って遠隔で水田の状況を確認できるシステム「PaddyWatch」を、4月15日より全国の稲作農業生産者向けに販売を開始します。

「PaddyWatch」はベジタリア株式会社が提供する水稲向け水管理支援システムです。ドコモの通信モジュールを内蔵していて、センサー機能によって測定した水田の水位・水温・温度・湿度の4つの情報をクラウドへ送信。専用のアプリを介してスマートフォン・タブレットから情報を閲覧することで、遠隔地から水田の状況が確認できます。

PaddyWatch_image

予め設定した値を超えるとメールでお知らせする機能も備えていているので、生産者は急な水温や水質の変化に対応することができます。またアプリには、過去のデータを時系列で表示する機能と、農業用天候予測機能なども備わっています。

PaddyWatch_app

「PaddyWatch」の機器代金は、水田センサー本体が税別99,800円、設置用ステンレスポールが税別5,700円、サービス料金は月額税別1,980円となっています。

またドコモは、日々の農作業などを記録することができる農業生産者向けアプリ「アグリノート」の販売を同日より開始します。ウォーターセルが開発した圃場の航空写真を活用したもので、航空写真を使った圃場確認、日々の作業、生育状況、収穫時期などの情報を記録、記録した情報を自動集計といったことができます。利用料金は1アカウントあたり年額税別6,000円(一括払い)です。

aggrynote

情報元:NTTドコモ

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ