Android デバイス&OS

Motorolaが「Moto G」の第4世代モデルを発表。最上位モデルは指紋センサーを搭載

モトローラが今月17日にミドルクラスのAndroidスマートフォン「Moto G」の第4世代モデルを発表しています。

ラインアップは「Moto G」「Moto G Plus」「Moto G Play」の3モデル。「Moto G」と「Moto G Plus」はいくつかの国ですでに発売されていて、「Moto G Play」は今夏発売の予定です。日本での発売についてはアナウンスされていませんが、第3世代Moto Gは日本でもSIMフリーモデルが発売されているので、今作もいずれ発売されるかもしれません。

Moto G

moto_g_4

5.5インチFHD(1,920×1080)ディスプレイ、Android6.0.1 Marshmallow、Snapdragon617オクタコアプロセッサ、2GB RAM、16/32GB ROM、1,300万画素/500万画素カメラ、3,000mAhバッテリーなどを搭載したモデルです。microSDカードに対応。通信はWi-Fi 802.11 a/b/g/n、Bluetooth4.1LE、2G/3G/4Gモバイル通信に対応しています。

第3世代モデルから外観はあまり変わっていませんが、ディスプレイが大型・高精細化し、プロセッサやメモリーも強化。バッテリー容量は大幅に増加するなど、基本性能の底上げが図られています。

本体サイズは153×76.6×7.9~9.8mm。重さは155g。本体はナノコーティングによる撥水加工が施されています。また外観をデザインできる「Moto Maker」に対応しています。

Moto G Plus

moto_g_4_plus

シリーズ最上位モデルです。メインカメラの画素数が1,600万画素になり、像面位相差AFやレーザーAFに対応。ディスプレイ下部のホームボタンには指紋センサーが内蔵されています。またメモリー構成が2GB RAM+16GB ROMモデルのほかに、4GB RAM+64GB ROMのモデルが用意されています。

他はサイズから外観、ナノコーティングまでMoto Gと共通です。

Moto G Play

moto_g_4_play

先代のMoto G Playは大型のディスプレイと大容量のバッテリーを搭載したタフな仕様でしたが、第4世代では逆にMoto Gよりも小型の5インチHDディスプレイや2,800mAhバッテリーを搭載し、買いやすく、気軽に使えるという位置づけに変更されました。

この他のスペックは、Android6.0.1 Marshmallow、2GB RAM、16GB ROM、800万画素/500万画素カメラ、Wi-Fi 802.11 b/g/n、Bluetooth4.1LE、2G/3G/4Gモバイル通信、microSDカード対応など。

本体サイズは144.4×72×8.95~9.9mm。重さは137g。同じくナノコーティングが施されています。

情報元:Motorola

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ