カメラ スマホが楽しくなる情報

スマホで撮影した写真を素材として企業に販売するサービス「Snapmart」が開始

オプトインキュベートが、スマートフォンで撮影した写真を企業に販売できるサービス「Snapmart」を6月1日より開始しています。

「Snapmart」は、一般ユーザーがスマートフォンで撮影した写真を出品し、企業に広告素材写真として販売できるサービスです。

出品者は専用アプリを使って写真を出品でき、その写真を企業が購入すれば、販売代金の50~70%がユーザー収入となります。写真の価格は、出品者の本人確認ができていない場合は一律で1点100円(税抜)、本人確認ができている場合は100~1,000円。プレミアムユーザーの場合は100~2,000円となります。

snapmart_app

写真を購入する企業側としては、人気のインスタグラマーをはじめとした一般ユーザーならではの自然な写真を安全で簡単に、そして安価に購入できるという利点があります。欲しい写真がなければ、コンテストを開いてリクエストすることも可能です。

写真はすべてロイヤリティフリーとなっていて、モデルリリース付きの写真も検索できます。また画像解析機能により、写真にロゴやキャラクターが写っている場合はその権利を保有する企業だけが使用できる「クローズド販売」となり、法的リスクの安全性が担保されます。

今のところ出品アプリはiPhone用のみが提供されています。

スマホの写真が売買できるサイト | Snapmart
https://snapmart.jp/

情報元:オプトインキュベート

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ