スマホが楽しくなる情報 生活

日本初のスマートホステル「&AND HOSTEL」が福岡に8月オープン。さまざまなIoT機器が体験できる

BIJとand factoryが、日本初のスマートホステル「&AND HOSTEL」を福岡市にオープンすると発表しています。オープン時期は8月上旬です。

「&AND HOSTEL」は、さまざまなIoT機器が体験できる簡易宿泊施設です。IoT機器の主要メーカーが協力のもと、10種類のIoT機器を組み込んだ客室やダイニングカフェを用意。チェックイン/チェックアウトはもちろん、空調管理や観光案内、睡眠管理など、宿泊中のあらゆるシーンでIoTを体験することができます。

AND_HOSTEL_image

より具体的な例として、フロントで専用のスマートフォンを受け取り、スマートロック 「Qrio Smart Lock」を開けて部屋に入るとコミュニケーションロボット「BOCCO」が、”お待ちしていました、●●さま!”と話しかけ、宿泊者を出迎える。部屋のライトはワイヤレス照明システム「HUE」と連動しているため、朝の目覚めのタイミングに合わせてライティングする・・・、というシーンが紹介されています。

用意されているIoT端末は以下のとおりです。

iRemocon(株式会社グラモ)
スマホやタブレットと連携できるネットワーク接続型の高機能学習リモコン
Atmoph Window(アトモフ株式会社)
部屋にいながら世界の美しい風景が広がる新しいデジタル窓。
Qrio Smart Lock(Qrio株式会社)
世界最小の接地面積で様々な条件のドアに取り付けられるスマートロック。
SmartEyeGlass(ソニー株式会社)
視線を大きく変えることなくハンズフリーで様々な情報を取得できる透過式メガネ型端末。
スマート宅配BOX(株式会社エスキュービズム・テクノロジー)
ボックスにアプリをかざすだけで鍵の開閉ができる宅配ボックス。
Sleepion(ティ・アール・エイ株式会社)
光・香り・音という3要素により使用者の睡眠をマネジメントする世界初の製品
HUE(フィリップスライティングジャパン合同会社)
スマホを使い、調光や1600万色以上もの調色ができるスマートLED照明
PlugAir(Beatrobo,inc.)
イヤホンジャックを通して様々なコンテンツを楽しむガジェット
BOCCO(ユカイ工業株式会社)
スマートフォンのアプリと連動し気軽にメッセージのやり取りが出来るロボット
MESH(ソニー株式会社)
物と物を連動させるIoTのDIYツールキット。

場所は福岡県福岡市博多区上川端町。鉄骨造地上3階建の建物で、定員は48名。IoTルームは全部で4室あり、ツインルームとなっているので2名での宿泊が可能です。

宿泊料金は9,500円~。IoTルーム以外にもドミトリー(2,800円~)とダブルルーム(8,000円~)が用意されていて、部屋にはIoT端末は設置されていないものの、カフェ等のオープンスペースでいくつかの機器が利用できます。

「&AND HOSTEL」はクラウドファンディングサイト「Makuake」で資金が集められています。集められた資金は、物件施工費、IoTデバイス設置・導入費の一部に充当されます。

IoT体験型スマートホステル<&AND HOSTEL>が福岡にオープン!
https://www.makuake.com/project/andhostel/

情報元:BIJ

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ