Android デバイス&OS

ZTEが14,800円~の低価格なSIMフリースマホ「ZTE BLADE V7 Lite」と「ZTE BLADE E01」を発売

ZTEジャパンが低価格なSIMフリーAndroidスマートフォン2機種を発表しました。

発表されたのは「ZTE BLADE V7 Lite」と「ZTE BLADE E01」です。市場想定価格はV7 Liteが税抜21,800円で、E01が税抜14,800円。6月15日より先行予約の受付が開始され、発売は7月中旬が予定されています。

ZTE BLADE V7 Lite
zte_blade_v7_all

低価格でありながら指紋センサーやジェスチャーコントロール機能、高画素なフロントカメラなどを搭載し、コストパフォーマンスに優れているところが特徴です。

主なスペックは、5インチHD(1,280×720)液晶、Android6.0、MediaTek MT6735Pプロセッサー(1.0GHzクアッドコア)、2GB RAM+16GB ROM+microSDカード対応、背面800万画素/前面800万画素カメラ、2,500mAhバッテリーなど。

モバイルネットワークはFDD-LTE:2100MHz(B1)/1800MHz(B3)/850MHz(B5)/900MHz(B8)/800MHz(B19)、HSPA/WCDMA:2100MHz(B1)/800MHz(B6)/900MHz(B8)/800MHz(B19)、GSM:1900MHz/1800MHz/900MHz/850MHzに対応。SIMカードスロットは2基あり、ひとつはnanoSIMサイズで、もうひとつはmicroSDまたはnanoSIMとなっています。

ほか通信機能としてWi-FiはIEEE 802.11 b/g/n、Bluetooth4.0に対応。センサーは指紋センサー、加速度センサー、ホールセンサー、コンパス、照度センサー、近接センサー、GPS/AGPSを搭載しています。

本体サイズは約70.2×143.8×7.9mm/約135g。カラーバリエーションはシルバー、グレーの2色です。

ZTE BLADE E01

zte_blade_e01

 

1万円台のお手ごろ価格を実現したエントリーモデルです。

主なスペックは、5インチHD(1,280×720)液晶、Android5.1、MediaTek MT6735Pプロセッサー(1.0GHzクアッドコア)、1GB RAM+8GB ROM+microSDカード対応、背面800万画素/前面500万画素カメラ、2,200mAhバッテリーなど。

モバイルネットワークはFDD-LTE:2100MHz(B1)/1800MHz(B3)/900MHz(B8)/800MHz(B19)、HSPA/WCDMA:2100MHz(B1)/800MHz(B6)/900MHz(B8)/800MHz(B19)、GSM:1900MHz/1800MHz/900MHz/850MHzに対応。SIMカードスロットは2基あり、両方ともnanoSIMとなっています。

Wi-FiはIEEE802.11 b/g/n、Bluetoothはver4.o。センサーは加速度センサー、コンパス、照度センサー、近接センサー、GPS/AGPSを搭載。

本体サイズは約71×142.5×7.8mm/約155g。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色です。

情報元:ZTEジャパン

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ