Android デバイス&OS

ファーウェイが2万5千円を切る低価格Androidタブレット「HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro/T2 10.0 Pro」を発売

ファーウェイ・ジャパンが、Androidタブレット「HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro」と「HUAWEI MediaPad T2 10.0 Pro」を発売します。発売日はT2 7.0 Proが7月8日、T2 10.0 Proが6月24日。価格はどちらも税抜24,980円。ファーウェイ公式オンラインストア「Vモール」楽天市場店ほか、家電量販店店頭やAmazon.co.jpなどで購入できます。

HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro

HUAWEI_T2_1

LTEに対応し、外出先でもモバイルネットワークによるモバイル通信が利用できる、7インチサイズのコンパクトなAndroidタブレットです。本体側面には指紋センサーを備え、ロック画面解除の手間やセキュリティー面を考えても、野外での利用に適した製品と言えます。GPS/A-GPS/GLONASSにもしっかり対応しています。

ディスプレイの解像度は1,920×1,200ドット(WUXGA)と高精細で、目のダメージを軽減するブルーライトカット機能や、輝度とコントラストを自動で最適に調整して野外での視認性を高める機能などが搭載されています。

主なスペックは、Android5.1、Snapdragon615プロセッサー(64ビット・オクタコアCPU)、2GB RAM、16GB ROM、背面1,300万画素/前面500万画素カメラ、4,360mAhバッテリー、IEEE802.11 b/g/n、Bluetooth4.0、microSDカード対応など。

低価格のわりにはスペックは充実していて軽快な動作が十分に見込めます。またファーウェイによれば、ヘビーユーザーの方でも約1.5日間も充電なしで楽しめるということで、ロングバッテリーライフにも期待ができます。

通信方式は、FDD-LTE(B1/3/8/19/26/28)、TDD-LTE(B41)、UMTS(B1/6/8/19)。SIMカードスロットはNano-SIMタイプ。下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsまでのモバイルデータ通信に対応しています。

本体サイズは約105.8×187.4×8.2mm。重さは250g。本体のカラーバリエーションは、ホワイト、ブルー、ゴールドの3色です。

HUAWEI MediaPad T2 10.0 Pro

HUAWEI_T2_2

モバイルネットワークに非対応の、いわゆるWi-Fiモデルの10.1インチAndroidタブレットです。

T2 7.0 Proよりもディスプレイが大きく、独自のサラウンド技術を使ったステレオスピーカーを備えて、しかも大容量のコンテンツをより高速にダウンロード可能なIEEE802.11 a/acのWi-Fiにも対応しているため、エンターテイメントの視聴により優れていると言えます。また、1画面に2つのアプリを同時に起動できる「分割画面機能」を搭載しているので、マルチタスキングにも有利です。

主なスペックは、Android5.1、1,920×1,200ドット(WUXGA)液晶、Snapdragon615プロセッサー(64ビット・オクタコアCPU)、2GB RAM、16GB ROM、背面800万画素/前面200万画素カメラ、6,660mAhバッテリー、IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth4.1、microSDカード、GPS/GLONASS対応など。

本体サイズは約259.1×156.4×8.5mm、重さは約495g。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色です。

情報元:ファーウェイ・ジャパン

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ