Android デバイス&OS

ワイモバイルから日本初のAndroid Oneスマホ「507SH」が7月下旬発売

ワイモバイルが国内初となるAndroid Oneブランドのスマートフォン「507SH」を7月下旬に発売すると発表しました。

Android Oneは、主に新興市場を対象とした低価格スマートフォンプラットフォームです。Googleがハードウェアの仕様をパッケージ化して端末メーカーに提供することで低コストでの端末の製造が可能になり、これにより一定以上の性能を持った端末を消費者に低価格で提供することができます。またNexusのように、OSバージョンとセキュリティー機能が常に最新に保たれます。

「507SH」の製造メーカーはシャープです。AQUOSブランドのスマートフォンとは異なり、メーカー独自のUIやアプリは搭載されておらず、Android標準のアプリや機能だけが搭載されています。

その上で日本市場で需要の高い防水・防塵、ワンセグ、microSDカードスロットなどを搭載。カメラは背面1,300万画素、前面500万画素と必要十分で、さらに3日間超えの電池持ちを実現する3,010mAhの大容量バッテリーや、IGZO液晶、最新のSnapdragon617プロセッサーなどを搭載しています。メモリーはRAMが2GBでROMが16GB。ディスプレイは5インチHD(1,280×720)。OSはAndroid6.0。NFCには対応していますがおサイフケータイには非対応です。

本体サイズは約142×71×8.8mm。重さは約135g。カラーはスモーキーブルー、ホワイト、ブラックの3色です。

主な特長|507SH|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ
http://www.sharp.co.jp/products/507sh/index.html

情報元:ワイモバイル

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ