Android デバイス&OS

648円で買えるドコモ公式の格安スマホ「MONO MO-01J」は12月9日発売

ドコモがスマートフォン「MONO MO-01J」を12月9日に発売すると発表しました。

「MONO MO-01J」は、ドコモ初のオリジナルブランドのスマートフォンです。製造は中国ZTEが担当し、一般的な使い方では十分に快適に動くであろうスペックと、水回りでも安心して使える防水機能を備えつつ、価格が低く抑えられているのが特徴です。

本体価格は税込32,400円(ドコモオンラインショップの価格を参照)。ここから「端末購入サポート」によって税込31,752円が割引され、購入時の総支払額は648円となります。

「端末購入サポート」は、機種とパケットサービスの12カ月間の継続利用を条件として、機種代金の一部をドコモが負担する割引サービスです。通常ならば旬を過ぎた旧機種に対してとられる施策なのですが、MONO MO-01Jは発売日からこの「端末購入サポート」が適用されます。

一定額を24カ月に渡り割引する「月々サポート」に対し、機種購入時に一括で割引する「端末購入サポート」は負担をより確実に軽減でき、しかも継続利用の縛りが12カ月間のみなので気軽に購入できるのが魅力です。

主なスペックは、Android 6.0、4.7インチHD(1,280×720)ディスプレイ、Snapdragon 617(MSM8952)、2GB RAM、16GB ROM、microSDカード対応、1,330万画素/490万画素カメラ、2,440mAhバッテリー、IEEE802.11 b/g/n Wi-Fi、Bluetooth4.1など。モバイル通信はLTE/3Gに対応し、PREMIUM 4G(LTE-Advanced)には非対応。最大通信速度は下り150Mbps、上り50Mbpです。

機能は最小限に留められていて、ワンセグ、フルセグ、NFC、おサイフケータイ、生体認証等には非対応です。

本体サイズは約136×69×8.8mm。重さは約138g。背面パネルにガラス、電源キーと音量キーにはアルミ素材を使い、質感が高められています。また、iPhoneのようにマナーモードスイッチを側面に備え、画面を操作しなくても消音のON・OFF切り替えができるようになっています。

mono-mo-01j

情報元:NTTドコモ

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ