Android デバイス&OS

フランスのWikoが日本市場に参入。第1弾は14,800円の低価格スマホ「Tommy」

フランスのスマホベンチャー企業「Wiko」が日本市場に参入しました。第1弾製品として、Android 6.0を搭載した低価格モデル「Tommy」を2月25日に発売します。

Wikoについて

日本法人は「ウイコウ・ジャパン株式会社」です。表記は「ウイコウ」ですが、読みは「ウィコー」で良いようです。

Wikoは2011年にフランスのマルセイユに設立。スマートフォンを中心に扱うモバイル端末ベンチャー企業で、欧州、アジア、アフリカの33カ国で展開し、日本は34カ国目になるそうです。

業績はというと、フランスではシェア2位、西ヨーロッパ各国でシェアトップ5にランクインしているとのこと。グローバルサイトでは日本で発売となるTommyの他にもたくさんの機種を見つけることができます。

ターゲットは若年層

Wikoは自分たちのスマートフォンを「エンターテイメントガジェット」と呼んでいます。電話やメールよりも、どちらかというとTwitterやFacebookなどのSNSを中心にスマートフォンを使いこなす、若い世代をメインターゲットにしています。トップにブラウザアイコンがないホーム画面はなかなか新鮮です。

Tommyの特徴

TommyはWikoのラインアップのうち、低価格な「Y」レンジに属する製品です。日本では税抜14,800円で販売されます。

Yレンジの中にもFreddy、Lenny、Jerryなど数機種があるのですが、Tommyは特にエンターテイメントの利用に最適な機種だとメーカーサイトでは紹介されています。スペックは下表のとおりです。(メモリなど一部のスペックは海外版から強化されているようです。)

ディスプレイはインセル型の5インチHD(1,280×720)IPS液晶、プロセッサはローエンド向けのSnapdragon210 MSM8909+(クアッドコア1.3GHz)、メインメモリは2GBで内蔵ストレージは16GB、カメラは背面800万画素/前面500万画素となっています。

価格なりの内容ではあるのですが、Qualcommのプロセッサを採用していたり、フロントカメラの画素数が高かったり、VoLTEに対応していたりと、戦える武器はしっかり持っているという印象です。microSDカードやジャイロスコープもサポートしています。ただ、おサイフケータイやNFC、ワンセグ、防水防塵には非対応です。またSIMスロットは2基ありますがDSDSには非対応です。

カラーは全6種類。第1弾ではグリーン、フラッシュレッド、トゥルーブラックの3つが販売されます。

公式サイト

どこで買える?

MVNO、ECサイト、家電量販店を通じて販売されます。2月14日から予約受付けを開始しています。発売日は冒頭のとおり2月25日です。

今後Tommy以外の機種も発売の予定

2017年内にグレードの違う複数の機種が発売される予定となっています。また、アクセサリーや周辺機器も展開される予定です。

情報元:WikoケータイWatch

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

関連記事

コメントを入力