Android デバイス&OS

オンキヨーの音楽特化型スマホ「GRANBEAT」が2月下旬に発売

オンキヨー&パイオニアイノベーションズが、音楽再生に特化したAndroidスマートフォン「GRANBEAT(グランビート) DP-CMX1」を、2月下旬に日本で発売すると発表しています。

SIMフリー機として販売されます。取り扱いを表明してる楽天モバイルによると、価格は税抜84,800円です。

「GRANBEAT」は、オンキヨーのハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤー「DP-X1A」をベースに、高音質再生を実現したスマートフォンです。富士通コネクテッドテクノロジーズの協力のもと開発されています。

最大384kHz/24bitまでのハイレゾ音源、DSD 11.2MHzの再生に対応しています。またaptX HDに対応し、Bluetoothでも48kHz/24bitの高音質再生が可能となっています。

スマートフォンとしては世界初となるヘッドホン用のフルバランス駆動回路と2.5mm/4極バランス出力端子を搭載していて、A.C.Gモード/BTLモード、2つのバランス駆動を実現しています。

音質を最優先にするため、スマートフォン用の基板とは別にオーディオ専用の基板を搭載しています。また、ノイズの混入を防止するため、オーディオ基板内でも役割ごとにブロック化を徹底することで、クリーンな信号伝達を実現しています。

オーディオ基板には、ESS社製DAC「ES9018C2M」とAMP「SABRE 9601K」を搭載しています。これによりハイレゾ音源だけでなく、WAV、MP3、ACCなども高音質での再生が可能で、さらには音楽ストリーミングや動画、ラジオ、ゲームなどのサードパーティー製アプリの24bitパスにも対応しているので、アプリで楽曲を楽しむ場合でも、より高音質に楽しめます。

歌詞同期サービス“プチリリ”機能に対応し、歌詞表示をしながら再生が可能です。

操作性にもこだわりがあり、スリープを解除しなくてもダイレクトな操作が可能な操作ボタン(Play/FF/FR)を本体側面に配置。また61段階のロータリーエンコーダー式ボリュームノブを搭載し、直感的なコントロールが可能になっています。誤操作を防ぐホールドスイッチもあります。

筐体には無垢のアルミブロックから削り出した素材が使われています。

スマートフォンとしての主なスペックは、Android 6.0 Marshmallow、5.0インチFHD IPS液晶(シャープ製)、1,600万画素/800万画素カメラ(ソニー製Exmor RS、4K動画撮影対応)、Snapdragon650(MSM8956)プロセッサ、3GBメモリ、128GB内蔵ストレージ+microSD拡張ストレージ、3,000mAhバッテリーなど。

通信は4G LTE、3G、2Gに対応。2基のSIMスロットを備え、DSDSにも対応しているので、2つのSIMカードを同時に待受けできます。SIMスロットはmicroSDカードスロットとは別に設けられているので、デュアルSIM使用時にmicroSDカードが使えなくなるようなこともありません。

ほかIEEE802.11 a/b/g/n/ac Wi-Fi、Bluetooth4.1、GPS、GLONASS、A-GPS、加速度センサー + ジャイロセンサー、電子コンパス、近接センサー、照度センサーなどに対応しています。

バッテリー容量は3,000mAhで、QuickCharge 3.0に対応しています。連続通話時間は22時間、待受は480時間、再生は25時間です。本体サイズは142.3 × 72 × 11.9 mm。重さは234 gとなっています。

メーカー公式サイト

情報元:オンキヨー&パイオニアイノベーションズ(PDF)楽天モバイル

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。