Android デバイス&OS

DSDS対応低価格スマホの強化版「g07+」が発売。新たにCDMA2000対応でau系SIMが利用可能に

NTTレゾナントが、格安スマホサービス「gooのスマホ」の新機種として「g07+」を発表。本日3月27日に発売しました。価格は税抜19,800円です。SIMサービス「OCN モバイル ONE」とセットで購入できます。

「g07+」はSIMフリー仕様のAndroidスマートフォンで、昨年12月に発売された「g07」の強化版です。「g07」はDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応の低価格スマートフォンとして人気がありましたが、「g07+」ではこの特徴を継承しつつ、新たに通信規格CDMA2000(BC0(800)、BC6(2000))に対応し、auやau系SIMでも3G通話が可能になりました。

ハードウェアも一部強化されました。ディスプレイは省電力に優れたシャープのIGZO液晶に換装。タッチ精度も向上しています。またフロントパネルはより強度の高いDragontrailが採用されました。

カメラはIRカットフィルターが追加され、より自然で綺麗な撮影効果が可能に。このほか、付属アプリの改善や、電子コンパスの精度強化、本体アルミ素材の質感向上などが図られました。

OSバージョンは発売当初はAndroid 6.0 Marshmallowですが、Android 7.0へのバージョンアップが保証されています。

低価格とは言え、MediaTekオクタコアCPUや、3GBメインメモリー、32GB内蔵ストレージ、microSDカード対応、3,000mAh大容量バッテリーなど、コストパフォーマンスが非常に高い製品となっています。

販売ページ

情報元:NTTレゾナント

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。