Android デバイス&OS

世界初のTangoとDaydream両対応スマホ「ZenFone AR」が今夏発売。8GB RAMなど基本スペックも高い

ASUS JAPANが、TangoとDaydreamの両方に対応したスマートフォン「ZenFone AR(型番:ZS571KL)」を今年の夏に日本で発売すると発表しました。価格は税抜82,800円~。SIMフリーモデルとして販売されます。

GoogleのAR技術「Tango」とVR技術「Daydream」の両方に対応した世界で初めてのスマートフォンです。最大で8GBのメインメモリーを搭載するなど、基本スペックが非常に高いところも特徴です。

Tango対応スマートフォンとしてはレノボの「PHAB2 Pro」が国内で初めて発売され、今回のZenFone ARで2製品目となります。背面の3つのカメラで現実空間の視覚的特徴を3D空間で記憶でき、カメラをかざして物体までの距離を測定したり、部屋の中に購入を検討している家具を実寸で配置したり、現実とバーチャルを融合させた新感覚のゲームを体験することなどができます。

また、GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」に対応しているので、Google製のVRヘッドセット「Daydream View」にスマホ本体を装着することで、Daydream対応のVRコンテンツを、より違和感の少ない形で楽しむことができます。

今回発売されるZenFone ARには、8GB RAM/128GB ROMを搭載した「ZS571KL-BK1 28S8」という型番のモデルと、6GB RAM/64GB ROMを搭載した「ZS571KL-BK64S6」という型番のモデルがあります。価格は8GBモデルが税別99,800円、6GBモデルが税別82,800円です。

メモリー以外のスペックは共通で、5.7インチWQHD(2,560×1,440)Super AMOLEDディスプレイ、Qualcomm Snapdragon821、UFS 2.0ストレージ、メイン2,300万画素/サブ800万画素カメラ、3,300mAhバッテリー、Android 7.0 Nougatなどを搭載してます。

通信方式は、FDD-LTE(B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28)、TD-LTE(B38/B40/B41)、WCDMA(B1/B2/B5/B6/B8)、GSM(850/900/1,800/1,900MHz)となっています。4G LTEと3GのDSDSに対応していますが、SIM2スロットとmicroSDカードは排他利用となるため、DSDS利用の場合はSDカードが使えない仕様です。

このほか、IEEE802.11 a/b/g/n/ac Wi-Fi、Bluetooth4.2、 GPS(GLONASS、Beidou、Galileoサポート)、加速度センサー、電子コンパス、光センサー、磁気センサー、近接センサー、ジャイロスコープ、指紋センサー、RGBセンサ、気圧計、NFC、microSDカードをサポートしています。

本体サイズは158.98×77.7×8.95mm。重さは約170gです。

製品には、すぐにVRを体験できる「組み立て式VRメガネ」と、ハイレゾ対応イヤホン「ZenEar」、そして本体を傷などから守る「クリアケース」が標準で付属します。また別売りの純正アクセサリーとして、本体の両面を保護できる「View Flip Cover」が、ZenFone ARと同時に販売開始予定となっています。

なお、Daydream Viewは現時点で日本では発売されていませんが、ZenFone ARの発売にあわせて日本でも発売となる可能性があります。

製品ページ

情報元:ASUS JAPAN

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。