Android デバイス&OS

ソフトバンクが2017年夏モデルスマートフォン4機種を発表。Xperia、AQUOS、DIGNOの新モデル

ソフトバンクが2017年夏モデルスマートフォン4機種を発表しました。5月下旬以降順次発売されます。

発表したのは、別記事でも紹介したソニー製の「Xperia XZs」と、シャープ製の「AQUOS R」「AQUOS ea」、そして京セラ製の「DIGNO G」です。いずれもOSにAndroidを採用しています。

新しいカメラシステムを採用したXperia XZs

Xperia XZsはソニーの2017年最新モデルです。現行モデル「Xperia XZ」のマイナーチェンジモデルであり、ディスプレイサイズなど基本的な仕様は同じですが、「Motion Eye」と呼ばれる新しいカメラシステムを搭載することで960fpsでの超スローモーション動画が撮影できるのが特徴となっています。またメインメモリーもこれまでの3GBから4GBへと増強され、動作速度・安定性の面でも多少向上したと言えます。さらにバッテリーの物理的な寿命を延ばす「いたわり充電」と、省エネ機能「STAMINAモード」も、Xperia XZ世代に搭載されていたものよりも機能改善されています。

発売日は5月下旬。5月12日から予約受付けが開始されていて、予約した上で6月25日までに購入すると、Xperiaカバーストアで使える5,000円分のポイントがもらえるキャンペーンも開催されています。

主なスペック

  • OS:Android 7.1 Nougat
  • ディスプレイ:5.2インチFHD(1,920×1080)
  • プロセッサー:Spapdragon 820
  • メモリー:4GB RAM/32GB ROM
  • 外部メモリー:microSDカードに対応
  • カメラ:1,920万画素(背面)/1,320万画素(前面)
  • バッテリー容量:2,900mAh
  • 最大通信速度:350Mbps/37.5Mbps
  • Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
  • Bluetooth:4.2
  • 防水・防塵:どちらも対応
  • サイズ/重さ:約72×146×8.1mm(最厚部 約8.7mm)/約161g
  • カラー:ブラック、ウォームシルバー、アイスブルー、シトラス

フラグシップのAQUOS Rと手頃なAQUOS ea

シャープからは「AQUOS R」と「AQUOS ea」の2機種がリリースされました。

AQUOS Rは携帯各社に先駆けてシャープが先月発表していた新しいフラグシップモデルです。シャープはこれまで携帯会社ごとに異なるネーミングでフラグシップモデルを発売していましたが今期よりこれを統一。まだドコモとauからは発表がありませんが例年通りならばこの2社からも同じ機種が発売されるはずです。

大きな特徴は、世界基準のハイスペックと、OSバージョンアップの保証の2点です。

国内メーカー製のスマートフォンはハイスペック機と謳いつつ海外メーカー製に比べて部品の世代やランクで劣る傾向にありましたが、AQUOS Rではシリーズ初となるWQHD(2,560×1,440ドット)解像度のディスプレイやQualcomm最新最上位のSnapdragon 835プロセッサー、UFSタイプの64GB大容量ストレージを搭載するなど、世界基準のハイスペックが実現されています。

カメラも超広角レンズや光学式+電子式手ぶれ補正を搭載して正常進化。当初は一部エリアからの提供となりますが、下り最大612Mbpsの非常に高速なモバイル通信にも対応しています。

そして極めつけはOSバージョンアップの2年間保証。Android Oneブランドの端末を手がけるシャープならではの施策でしょうか。少なくとも発売後の2年間はOSのバージョンアップが約束されているので、長く快適に使うことが可能となっています。

発売は7月上旬以降。6月16日から予約受付けが開始されます。発売日の前日までに予約して7月31日までに購入すると、もれなく急速充電ACアダプターがもらえます。

AQUOS Rの主なスペック

  • OS:Android 7.1.1 Nougat
  • ディスプレイ:5.3インチFHD(2,560×1,440)、ハイスピードIGZO
  • プロセッサー:Spapdragon 835
  • メモリー:4GB RAM/64GB ROM
  • 外部メモリー:microSDカードに対応
  • カメラ:2,260万画素(背面)/1,630万画素(前面)
  • バッテリー容量:3,160mAh
  • 最大通信速度:612Mbps/37.5Mbps
  • Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
  • Bluetooth:5.0
  • 防水・防塵:どちらも対応
  • サイズ/重さ:約74×153×8.7mm/約169g(暫定値)
  • カラー:マーキュリーブラック、ジルコニアホワイト、ブレイズオレンジ

もうひとつのAQUOS eaは手頃なスペックと買いやすさを重視したモデルです。HD解像度のディスプレイやミドルレンジのプロセッサーなど全体的に控えめなスペックの割に、バッテリーは3,010mAhと大容量であり、省電力なIGZO液晶とあいまって期待以上の長時間駆動をかなえてくれるはずです。

発売は7月中旬以降が予定されています。

AQUOS eaの主なスペック

  • OS:Android 7.0 Nougat
  • ディスプレイ:5.0インチFHD(1,280×720)、IGZO
  • プロセッサー:Spapdragon 617
  • メモリー:2GB RAM/16GB ROM
  • 外部メモリー:microSDカードに対応
  • カメラ:1,310万画素(背面)/500万画素(前面)
  • バッテリー容量:3,010mAh
  • 最大通信速度:187.5Mbps/37.5Mbps
  • Wi-Fi:IEEE802.11 b/g/n
  • Bluetooth:4.2
  • 防水・防塵:どちらも対応
  • サイズ/重さ:約71×142×8.8mm/約135g(暫定値)
  • カラー:ホワイト、ブラック、ピンク

耐衝撃性能を持つDIGNO G

京セラ製の「DIGNO G」は今期ラインアップ中で最も低スペックながら、耐衝撃・防水・防塵に対応し、誰でも、どのようなシーンでも気兼ねなく使うことができるように設計されたモデルです。スマートフォンビギナーやシニア層でも使いやすいようにと、従来の携帯電話に近い操作性を実現する「かんたんビギナーホーム」「ケータイ入力」や、最近の上位機種では機能が省かれるようになった赤外線通信機能などを搭載しています。

手やディスプレイが濡れた状態でも操作可能です。カメラは素早くピントを合わせることができる「像面位相差オートフォーカス」に新たに対応しました。

発売は7月上旬の予定です。

主なスペック

  • OS:Android 7.1 Nougat
  • ディスプレイ:5.0インチFHD(1,280×720)、IGZO
  • プロセッサー:Spapdragon 425
  • メモリー:2GB RAM/16GB ROM
  • 外部メモリー:microSDカードに対応
  • カメラ:1,300万画素(背面)/200万画素(前面)
  • バッテリー容量:2,300mAh
  • 最大通信速度:112.5Mbps/37.5Mbps
  • Wi-Fi:IEEE802.11 b/g/n
  • Bluetooth:4.2
  • 防水・防塵:どちらも対応
  • サイズ/重さ:約71×142×8.8mm/約135g(暫定値)
  • カラー:ホワイト、ブラック、レッド

情報元:ソフトバンク

関連記事

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。