Android デバイス&OS

BlackBerryブランドの最新スマホ「BlackBerry KEYone」が発売。予約開始1時間で初回分が売り切れ

BlackBerry製品の国内正規代理店であるFOXが、BlackBerryブランドのAndroidスマートフォン「BlackBerry KEYone」を6月29日に発売します。SIMフリー仕様で価格は税込69,800円。6月22日に予約受付けが開始されましたが、開始からわずか1時間で初回入荷分が売り切れたとのことです。購入を希望する方には「入荷お知らせメール」への登録を案内しています。

BlackBerryを象徴する物理式のQWERTYキーボード。昨年発売された「BlackBerry PRIV」はスライド式を採用していましたが、新モデルのBlackBerry KEYoneはストレートタイプの筐体となり、ディスプレイ下にむき出しの状態で配置されたことにより、より素早いキーボード入力ができるようになりました。

このキーボードは「Touch-Enabledキーボード」と呼ばれています。キーボード上で指を滑らすことで画面のスクロールやカーソル移動など様々なことができます。また、スペースキーの部分に指紋センサーを内蔵し、シリーズで初めて指紋認証を可能としました。

OSは最新のAndroid 7.1.1 Nougatでプロセッサはアッパーミドル帯のSnapdragon 625、メインメモリーは3GB、内蔵ストレージは32GB。microSDカードに対応。バッテリーは3,505mAhと大容量で、長時間の連続使用が可能です。QuickChargeにも対応しています。

カメラにはGoogleのPixelシリーズに採用され高評価を得ているソニー製センサー「IMX378」が使われています。像面位相差AF、光学式手ぶれ補正、4倍ズーム、4Kビデオ撮影などに対応しています。また前面カメラは800万画素の固定焦点&広角レンズが採用されています。

ソフトウェア面ではBlackBerryの高生産性アプリ「BlackBerry Hub」、「BBM」、「BlackBerry Password Keeper」、「カレンダー」などのアプリをプリインストールしています。また、アプリがアクセスした情報を追跡できる監視アプリ「DTEK」の搭載や、OSの脆弱性を排除するための月例のOSアップデートの提供など、セキュリティーを高めるサービスも組み込まれています。

なお、BlackBerryはすでにハードウェア製造から撤退しており、ライセンス契約をした中国TCLコミュニケーションがBlackBerry端末の設計・製造・販売・サポートを行っています。TCLはALCATELブランドのスマートフォンも日本で展開しています。

スペック

  • OS:Android Nougat 7.1.1
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 625
  • サイズ:149.3×72.5×9.4mm
  • 重量:180g
  • ディスプレイ:4.5インチ(1620×1080ピクセル)
  • 外部メモリー:microSD
  • 内部メモリー:3GB RAM/32GB ROM
  • 背面カメラ:1200万画素センサー(Sony IMX378)、オートフォーカス、光学式手ぶれ補正、4倍ズーム、パノラマ、バースト、フィルター撮影機能搭載、4Kビデオ撮影対応、f2.0
  • 前面カメラ:固定焦点、84度ワイドアングル、800万画素、手ぶれ補正、ワイドセルフィーモード搭載、パノラマ、フラッシュ撮影、f2.2
  • バッテリー:3,505mAh
  • USB:Type Cポート
  • Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac
  • Bluetooth:Bluetooth 4.2
  • NFC:対応
  • 対応周波数:LTE1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 19, 20, 28, 29, 30 (Cat.6) / TDD LTE: 38, 39, 40, 41 / HSPA+ 1, 2, 4, 5/6, 8, 19

情報元:FOX

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ