Android デバイス&OS

トーンモバイルのスマホ新機種「TONE m17」。高耐久で子供に使わせても安心

MVNOのトーンモバイルが、スマートフォンの新モデル「TONE m17」を発表しました。8月1日に発売します。価格は34,800円。現行のTONE m15は価格を下げて併売されます。

トーンモバイルは、TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブとフリービットが共同出資するドコモ系MVNOです。今回発売されるTONE m17は約1年半ぶりとなる新機種で、製造は富士通が担当しています。

TONE m17は富士通のMVNO向けSIMフリースマートフォン「arrows M04」がベースになっているようで、米国国防総省の調達基準であるMIL規格の23項目に準拠した耐久性、防水・防塵性能、そして汚れても丸洗いができる「ハンドソープ洗い」にも対応しています。

またそれだけではなく、トーンモバイル独自仕様として、背面にシリカ系UVコート層が施されています。これによる効果は具体的に説明されていませんが、どうやら傷に対しての耐性が通常よりも高くなっているようです。

スペックはarrows M04とほぼ同じです。5インチHD(1,280×720)IPS液晶、1.2GHzクアッドコアCPU(Snapdragon410 – MSM8916)、2GB RAM、16GB内蔵ストレージ、microSDカード対応、背面1,310万画素/前面500万画素カメラ、2,580mAhバッテリー、Android7.1 .1 Nougat、おサイフケータイ対応、ワンセグ対応など。

通信は、GSM 850/900/1800/1900、W-CDMA(3G) 1/5/6/8/19、LTE 1/3/8/19/26、Wi-Fi(a/b/g/n)、Wi-Fiダイレクト、Wi-Fiディスプレイ、Wi-Fiテザリング、Bluetooth4.1に対応。SIMのサイズはNano SIMで、シングルSIMです。

本体サイズは約144mm×71mm×8.0mmと、arrows M04と同じですが、重さは約148gで、少しだけ重くなっています。背面が特殊な仕様になっていることが影響しているのでしょうか。

新機種の発売にあわせて、トーンモバイルのサービスにも大幅なアップデートが入ります。一部は既存の機種でも使えるようになります。

まず、電源を入れたまま本体を箱(化粧箱)におくだけで不具合を自動的に検知・修復する「置くだけサポート」には、バッテリー持ちが悪くなった原因を特定する機能が追加されます。

また、子供のスマートフォン利用状況を管理する「行動サマリーレポート」や、設定した場所に居るときにはスマートフォンをロックして緊急通話以外できなくする「ロック機能(ジオフェンス)」など、ペアレンタルコントロール機能が拡充されます。

さらに今秋にはシニアユーザー向けの新機能も追加される予定とのことです。

製品ページ

情報元:トーンモバイル

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ