スマホ・タブレット レビュー

MateBook Eのレビュー。オンボロのノートPCに代わってすぐ即戦力として使えることが分かった

タブレット単体での使用感は?

タブレット単体の重量は約640g。ソファーで手に持ちながらウェブサイトや動画を見たり、ゲームをしたりするのには正直重すぎます。ノーマルiPadを標準とすると、150g以上も重いことになります。

また重いだけに、落とせば破損したり故障するでしょうから、心配になってカバー無しで気軽にホイホイと持ち運ぶ気にもなれません。

テーブルに置いて使おうにも、Surface Proのようなキックスタンドが付いていないので角度が付けられなくて使いづらいです。スタイラスペンを使った使い方がメインであればそれでも良いのでしょうが、今回はスタイラスペンの貸し出しはありませんでしたし、私の用途ではタブレット単体での活路は見い出せませんでした。

そもそも私に限って言えば普段の生活の中でタブレットが活躍するシーンというのはほぼありません。一時期はスマートフォンとタブレットを使い分けるようなことをしていましたが、スマートフォンのディスプレイが以前よりも大きくなりましたし、TVの大画面を簡単に活用できるChromecastのようなデバイスも登場したことによって、タブレットが活きる場面というのは少なくなって来たように思います。

ただ、タッチ操作ができるというのは非常に便利でした。MateBook Eはタッチパネルを搭載している(ちなみにMateBook Xは非搭載)ので、スマートフォンと同じようにタッチ操作が可能です。何年先になるかわからないマイホーム計画の話を妻としているとき、タッチ操作であれこれウェブサイトを見て回るのは楽しかったです。

スマホ・タブレット向けのゲームができるというのもメリットです。ゲーム用のデバイスとして最適とはいえないものの、できるのとできないのでは、できる方が良いに決まっています。あとは車内でがっちり固定してカーナビやオーディオとして使うのもよさそうです。

電池持ちが悪いとは思わなかった

使い方に大きく左右されるところですが、私の用途では2~3時間連続して使っても50%は残量が残っていました。一日の内の数時間だけ出先で仕事ができればよいので、少なくとも私にとっては十分な電池持ちでした。

それと先程も言いましたが充電環境を簡単に整えられるので、バッテリー残量が足りなくて持ち出せないということは一度もありませんでした。

MateDockを買ってもいいかも

外部インターフェースは、USB Type-Cポートと、Dolby Audio Premium対応のステレオスピーカーしかありません。あと側面にあるのは電源ボタンと音量ボタンのみ。

オプションの「MateDock」を買えば、VGA、HDMI、USB(Type-A、Type-C各1)が追加できます。外部メモリーを使いたいことが時々あるので、私なら買います。

見た目よりも剛性が高いカバースタンド

ノートPCスタイルで使いたい時は、カバーのヒンジ部分をグイッと後ろ側に折って、タブレットに角度を付けます。160度まで無段階に調整できます。初代MateBookは2段階でしか調整できなったので、使い勝手が大きく向上したことになります。

ヒンジ部分は見た目は華奢ですが、金属製で、角度をつける時にはしっかりとした抵抗があり、はずみで角度が変わってしまうようなことはありません。

使っている最中に角度を変えるのはちょっとだけ大変です。ノートPCなら片手で簡単に出来ますが、MateBook Eだとタブレットが前側に倒れてくる心配もありますから、両手で慎重にやらなければなりません。

キーボードを閉じる時はマグネットによってピタッと閉じられます。

キーボードはマグネットによってタブレットに固定されるので、外す時も付ける時も簡単です。端子を合わせるように取り付けます。接続が不安定になったり、途切れてしまったりということは一度もありませんでした。安定しているように思います。

表面は艶のある革のような加工になっていて安っぽさは感じません。耐傷性も高そうです。爪で引っ掻いても目立つ傷にはなりません。

まとめ

最新の2in1ってどんな感じなんだろうという簡単なノリで試用をしてみたのですが、高級モデルとは言えいっけん中途半端に思える2in1が予想以上に使える奴で驚きました。私のオンボロのノートPCなど足元にも及ばず、映像の綺麗さなど一部はデスクトップPCをも上回る快適さでした。外で快適に仕事をするのに十分な性能です。見た目も良いです。

ノートPCのMateBook Xと購入を迷うところですが、タッチパネル搭載のMateBook Eの方が活用の幅が広くて楽しめそうです。完全に仕事用として使うのであればMateBook Xの方でしょうか。

Surface Pro 4のCore i5/8GB RAM/256GBモデルは公式オンラインショップで税抜146,800円。キーボードカバーは別売り19,400円。合計で166,200円。MateBook Eなら全部込みで133,800円。少しでもコストを抑えたいならMateBook Eがおすすめです。

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ