スマホが楽しくなる情報 防犯

東電とソニーが共同開発したIoTサービス「おうちの安心プラン」が提供開始

東京電力エナジーパートナー(東電EP)が、個人向けのIoTサービス「TEPCOスマートホーム」の受付を本日8月7日より開始しました。

第一弾として提供を開始したのは「おうちの安心プラン」と「遠くても安心プラン」の2つです。このうち「おうちの安心プラン」はソニーモバイルと共同で開発したもので、使用する機器、アプリ、IoTプラットフォーム設計、開発・構築をソニーモバイルが担当しています。

おうちの安心プラン

東電EP指定のIoT端末を宅内に設置することにより、スマートフォンから家族の外出・帰宅を確認したり、ドア・窓の開閉をチェックしたりできるというものです。

窓やドアに設置したマルチセンサーが開閉を検知し、スマートフォンに通知することで、留守中のドアの開閉などを素早く知ることができ、防犯に役立ちます。

別売りのスマートタグを子どものカバンや鍵などにを付けておけば、子どもの外出や帰宅をその都度スマートフォンで確認できます。スマートタグには管理者(保護者など)に通知を出して呼び出すためのボタンも付いています。

料金は、初期費用として契約事務手数料3,000円、設置作業料18,000円(設置作業料は2年間の利用で無料)。月額料金は3,280円です。スマートタグは任意で1個4,320円で購入します。(すべて税抜)

キャンペーンにより、2017年8月7日から2017年11月30日までに申し込むと、契約事務手数料とスマートタグ2個が無料になります。

遠くても安心プラン

離れて暮らしている家族の宅内にIoT端末を設置することで、いつ、どのような家電を使ったかが手元のスマートフォンで確認できるサービスです。高齢の親や子どもの一人暮らしを見守るのに役立ちます。

 

家族が通常とは違う家電の使い方をしたときには、確認を促すメールが届きます。たとえば猛暑なのにエアコンを使っていない、深夜に頻繁に電子レンジを使っている、掃除機の電源が2時間もついたままになっている時などです。心配な時はスタッフに訪問での確認を依頼することもできます。

初期費用は、契約事務手数料3,000円、設置作業料18,000円(設置作業料は2年間の利用で無料)。月額料金は2,980円です。(すべて税抜)

キャンペーンにより、2017年8月7日から2018年1月14日までに申し込むと、契約事務手数料と月額料金3か月分が無料になります。

サービス対象エリアと利用条件

サービス対象エリアは、沖縄県と離島を除く日本全国です。設置先にFTTH・ADSLなどのインターネット回線とWi-Fiがあることが利用の条件となります。

アプリはAndroid 5.0以降、iOS9.0以降に対応しています。

情報元:東京電力エナジーパートナーソニーモバイルコミュニケーションズ

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ