ゲームとホビー スマホが楽しくなる情報

カラオケ店でVRが楽しめる「KDDI カラオケVR」が8月22日より開始。Galaxy S8とGear VRを貸し出し

KDDIが、カラオケ店でVRが楽しめる「KDDI カラオケVR」というサービスを8月22日から始めます。

KDDIは去年、シダックスと連携してVRコンテンツ配信サービスの実証実験を行っていました。「KDDI カラオケVR」は、その商用サービスとして正式提供されるものです。

第1弾は全国にカラオケ店舗展開する株式会社スタンダードと連携。JOYSOUND品川港南口店でサービスを開始して、その後、対象店舗を随時拡大していく計画です。

カラオケ店で本格VRが楽しめる

「KDDI カラオケVR」では、VR機器として、「Galaxy S8」と「Galaxy Gear VR with Controller」が1人1台に貸し出されます。

VR専用ポータルから見たいコンテンツを選べば再生が開始されます。VRゴーグルなどの専用機器を持っていなくても、KDDI カラオケVR導入店であれば本格的なVRを楽しむことができます。

VR機器とカラオケ機器を接続することで、カラオケルームの高品質なスピーカーで臨場感のあるVR体験も可能となっています。

料金

VR機器を1台30分レンタルするごとに300円かかります。フリータイムの場合は1台1,500円。別途、カラオケ室料がかかります。

コンテンツは毎月更新

サービス開始時点で、「マジカル・パンチライン」などのアーティストや、「ギガ恐竜展2071-地球の絶対王者のなぞ-」、ホラーコンテンツ「怨みの村」といったVRコンテンツが用意されます。そしてコンテンツは毎月更新・追加されます。

9月には「マジカル・パンチライン」の新曲「パレードは続く」のVRコンテンツが提供されます。このコンテンツはコントローラーでVR空間を自由に移動でき、好きな場所・視点から視聴することが可能です。またVR配信プラットフォーム「ハコスコ」でも視聴できるので、自宅に帰った後でも楽しむことができます。

auスマートパス プレミアム/うたパス会員はお得に

「auスマートパス プレミアム」または「うたパス」会員なら、カラオケ利用料金が割引になる火曜日の特典「auチューズデイ」を利用することで、「KDDI カラオケVR」の利用料金を含むカラオケ店の利用料金総額(税込)から最大1,200円が割引されます。

「ハコスコ」が店頭で販売

8月22日より、KDDI カラオケVR導入のJOYSOUND店頭にて、「ハコスコ付き完全限定生産サンライズ盤」が販売されます。

「マジカル・パンチライン」の限定VRコンテンツと、オリジナデザインのVRゴーグル「ハコスコ」をセットにしたものです。価格はまだ発表されていません。

情報元:KDDI

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ