コミュニケーション スマホが楽しくなる情報

エキサイトのネットラジオアプリ「Radiotalk(β版)」。誰でも気軽に素早く配信できる

エキサイトが、誰でも簡単にラジオのようなトーク番組を配信できるアプリ「Radiotalk(β版)」の配信を開始しました。今はAndroid版だけですが、8月中旬にはiOS版の配信も開始されます(→iOS版も配信が開始されました)。無料で利用でき、今のところアプリ内課金もありません。

まずは聴いてみる

Radiotalkはいわゆるネットラジオサービスですから、配信者(スピーカー)にもなれますし、もちろん聴取者(リスナー)にもなれます。

ホーム画面には「話題の番組」や「人気のトーク」などの欄があって、面白そうなトークが簡単に見つけられるようになっています。そして、トークや番組(YouTubeで言うところのチャンネル)をお気に入りに入れておけば、あとでまとめて聴くことができます。

バックグラウンド再生に対応していますから、スマートフォンの画面をスリープにした状態でも聴けます。コンテンツが音声のみであることの利点でしょうか。歩きながらや家事をしながらといった「ながら時間」を利用して楽しめるのが良いですね。

配信する

配信は画面右下のマイクアイコンをタップします。

初回は番組を作成。番組は1ユーザーにつき1つだけ作成でき、匿名でもOKです。

録音画面の「収録開始」をタップすれば録音が開始されます。1トークにつき最大12分まで録音できます。

録音後はタイトルを決め、下書き保存か配信を選びます。配信すればホーム画面などに表示され、ほかのリスナーが聴ける状態になります。

必要なのはスマホだけで特別な機材はいりません。ものすごく手軽でスピーディーです。

考えられる利用シーン

エキサイトは以下の利用シーンを想定しているようです。

  • 好きなラジオ番組などのコーナーのパロディに挑戦する
  • 休み時間に、友達と2人で最近気になるニュースへの意見を語る
  • 飲みながら、同席できなかった友達に後から聴かせるトークを配信する
  • 顔出しはせずにドキュメンタリーや実況中継を録る
  • 匿名だからこそ言える本音トークを話す
  • ブログに書ききれない、映画や書籍のレビューを語る
    など

たとえばブロガーなら、その日に書いた記事の内容をトークでざっくりと紹介するといった使い方もできそうです。

今のところベータ版なのでいきなり多くは望めませんが、今後、配信者が報酬を得られるような仕組みや、ウェブサイトに埋め込んで共有できる機能などが加われば、ラジオ版YouTubeとしてそれなりに注目される可能性はありそうです。

情報元:エキサイト

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。