スマホが楽しくなる情報 動画と音楽

ソニーの新型イヤホン/ヘッドホン、スマホ連携でユーザーの行動に合わせてノイキャンなどを自動調整

ソニーがドイツで開催中のIFA2017において、イヤホン/ヘッドホン向けの新しい機能「アダプティブサウンドコントロール」と、これに対応した製品3モデルを発表しています。日本でも発売される予定です(→日本での発売が正式に発表されました。10月7日に発売されます。価格は「WH-1000XM2」が40,000円前後、「WI-1000Xが35,000円前後、「WF-1000X」が25,000円前後です。)

新機能「アダプティブサウンドコントロール」はソニーの独自技術「SENSE ENGINE」によってもたらされるもので、スマートフォンの加速度センサーやGPSによってユーザーの行動を認識して、状態に応じてノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能のレベルを自動的に切り替えます。

行動ごとのレベルやモードはあらかじめアプリ(Sony | Headphones Connect)から設定しておきます。するとアプリは「静止している」「歩いている」「走っている」「乗り物に乗っている」の4種類の行動を検出して、プリセットされている設定のいずれかを自動で適用します。

たとえば室内で椅子に座った状態で音楽を聴いている時にはノイズキャンセリングを強く効かせ、外音取り込みは弱く、ボイスフォーカスはOFFに。街を歩きながら聴いている時には外音取り込みを強めに。電車や飛行機に乗っている時にはボイスフォーカスをONに。という設定の切り換えが自動的に行われます。

新機能対応の製品として発表されたのは、ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「MDR-1000X」の後継となる「WH-1000XM2」と、ネックバンド型の「WI-1000X」、そしてソニー初となる完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000X」の3機種です。

このうち「WH-1000XM2」と「WI-1000X」には、周囲の気圧状態によってノイズキャンセリングを最適化する「ノイズキャンセリングオプティマイザー」と呼ばれる機能も搭載されています。

ちなみにこの2機種は、Bluetooth向けの音声コーデックとしてソニーのLDACに加えて新たにQualcommのaptX HDに対応したところも特徴となっています。

ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM2」

ネットバンド型ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「WI-1000X」

完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン「WF-1000X」

情報元:SonyHeadphones Connectヘルプガイド

(2017年9月5日追記)日本での発売が正式に発表されましたので本文中に発売日と価格を追記しました。

業界最高クラスNC性能の1000Xシリーズなどワイヤレスヘッドホン11機種発売 | プレスリリース | ソニー

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ