Android デバイス&OS

ファーウェイの次期フラグシップ「Mate 10」は10月16日に発表。AI搭載CPU「Kirin 970」を搭載

ファーウェイが10月16日にドイツ・ミュンヘンで、同社Androidスマートフォンの次期フラグシップモデル「Huawei Mate 10」を発表するそうです。ファーウェイのリチャード・ユーCEOがドイツで現在開催中のイベント「IFA2017」の発表会の場でアナウンスしたとのこと。

Huawei Mateシリーズは最新鋭の技術と最高の性能を追求したファーウェイスマートフォンの最上位シリーズで、現行モデル「Mate 9」は日本でもSIMフリーモデルとして公式オンラインストアその他で販売されています。

10月16日にお披露目となる次期モデル「Huawei Mate 10」は、ファーウェイの子会社Hisiliconが開発するオリジナルプロセッサの新モデル「Kirin 970」を搭載する初のスマートフォンとなることがユーCEOの口から語られています。

このKirin 970はひとつ前のモデルであるKirin 960をベースに強化したもので、主に省電力性とグラフィクス性能の向上が図られていますが、さらにもうひとつ、同社がNPU(Neural network Processing Unit)と呼んでいるAI専用のアクセラレータを組み込んでいるのが大きな特徴となっています。

ファーウェイが言うには、スマートフォンはAIによってこれからまだまだ便利になっていくが、その時に必要となるのが、クラウドAIのパワーとオンデバイスAI(端末側に搭載されたAI)の応答性を両方活かすこと。モバイルAI =オンデバイスAI +クラウドAIの図式。

NPUにエッジAIに係る処理を専門に行わせることで、より高速になり、また、より低い消費電力で済むようになるとのことです。

Mate 10の特徴はプロセッサだけではないようです。サムスンGalaxy S/NoteシリーズやLG G/Vシリーズが採用しているような、いわゆるフルディスプレイなどと呼ばれている縦長のディスプレイが搭載されるのではと予想されています。

日本でも発売される可能性が高い機種だけに新情報が気になります。

情報元:HuaweiPC Watch

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ