Android デバイス&OS

4GBメモリーを搭載したスペック強化版「BlackBerry KEYone Black Edition」が日本で9月下旬に発売

BlackBerry KEYoneのスペック強化版にあたる「BlackBerry KEYone Black Edition」が、日本で9月下旬に発売されます。価格は税抜79,800円。9月中旬より予約受付けが開始されます。公式の販売サイトでは予約開始メールの登録を受け付けています。

BlackBerry KEYoneはディスプレイ下部に物理キーボードを搭載したストレートタイプのAndroidスマートフォンで、日本ではTCLコミュニケーションの正規代理店であるFOXが今年の6月に発売していました。

今回発売される「Black Edition」は現在ドイツベルリンで開催中のイベントIFA2017で発表された新色で、本体フレーム部の色がガンメタリックなブラックになっているほか、メインメモリーが3GBから4GBへ、内蔵ストレージが32GBから64GBへと増えてスペックが強化されています。

この他のスペックや機能は通常版と共通です。主なスペックは、Android 7.1.1 Nougat、4.5インチディスプレイ(1,620×1,080ピクセル)、Snapdragon 625、1,200万画素背面カメラ、800万画素前面カメラ、3,505mAhバッテリー、microSDカードスロット、USB Type-Cポート、Wi-Fi 802.11 b/g/n/a/ac、Bluetooth4.2、LTE/3Gモバイル通信(nano-SIM/シングル)などとなっています。

通常モデルと同じくFOXによる1年間の端末保障、コールセンター、チャットサービスによるサポートが受けられます。

スペック

  • OS:Android(TM)OS Nougat 7.1.1
  • CPU:Qualcomm(R)Snapdragon(TM)625 Octa-Core 2.0 GHz, 64-bit Adreno 506, 650MHz GPU
  • SIM種類:nano-SIM
  • サイズ:149.3 × 72.5 × 9.4 mm
  • 重量:180 g
  • ディスプレイ:1620 x 1080 ピクセル 4.5 インチ
  • 外部メモリ:microSD 最大2TB
  • 内部メモリ:64GBフラッシュメモリー、4GB RAM
  • Wi-Fi:802.11b/g/n 2.4GHz、802.11ac 5GHz、802.11a/n 5GHz、Wi-Fi Direct
  • Bluetooth:Bluetooth 4.2 Low Energy(LE)and EDR
  • NFC:対応
  • FMラジオ:イヤホンジャック利用で受信可能
  • リアカメラ:1200万画素オートフォーカス、f2.0、光学式手ぶれ補正、パノラマ・バースト・フィルター撮影機能搭載、4Kビデオ撮影対応
  • フロントカメラ:800万画素、f2.2、手ぶれ補正、ワイドセルフィーモード搭載、フラッシュ撮影
  • バッテリー:Li-Ion 3505mAh
  • 物理キー:電源キー、ボリュームキー、便利キー
  • 周波数(予定):LTE1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 19, 20, 28, 29, 30 (Category 6 CA support ) / TDD LTE: 38, 39, 40, 41 / HSPA+ 1, 2, 4, 5/6, 8, 19

情報元:FOX

(2017年9月4日修正)記事タイトルにてメモリーが6GBとしておりましたが4GBの誤りでした。大変失礼いたしました。

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ