お金とポイント スマホが楽しくなる情報

スマホを使ったコンビニ収納サービス「PAYSLE」。まずはミニストップとセコマが導入。セブン、ファミマ、ローソンも予定

NECと三井住友銀行が共同出資して設立した会社ブリースコーポレーションが、スマートフォンを使ったコンビニ収納サービス「PAYSLE(ペイスル)」の提供を開始すると発表しました。

2017年9月15日からミニストップが、2017年9月中にセコマが取り扱いを開始します。2018年中にはセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンも取り扱いを開始する予定です。

「PAYSLE」は、コンビニ払いの際に用いる紙の支払票に記載されたバーコードを、専用アプリをインストールしたスマートフォンの画面上に表示し、コンビニの店頭でバーコードを読み取ってもらうことで決済できるようにしたものです。

支払票を電子化することで、利用者の利便性向上や、請求事業者の払込票発行・郵送コストの削減、コンビニの店頭・管理業務の効率化といったメリットがあるとのことです。

専用アプリは9月13日よりダウンロードできるようになります。Android版とiOS版の両方が用意されます。

このほか、今月末にマザーズへの上場を果たす自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」とのサービス連携が予定されています。

情報元:NEC

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ