iPhone/iPad デバイス&OS

新型iPhone発表。iPhone 8 / 8 Plusのほかフルディスプレイを採用した特別モデルiPhone Xも

Appleが日本時間の9月13未明に、iPhoneの新モデル「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」を発表しました。Apple Watchの新モデル「Apple Watch 3」と、Apple TVの新モデル「Apple TV 4K」もあわせて発表しています。

発売日

iPhone 8 / 8 PlusとApple Watch 3は9月15日から予約受付けが開始され、9月22日に発売。iPhone Xは10月27日から予約受付け開始、11月3日発売となります。

国内では、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3社から発売されます。

公式オンラインショップ

モデルと価格

iPhone 8 / 8 Plus / Xにはそれぞれ内蔵ストレージが64GBと256GBの2モデルが用意されます。Appleオンラインストア(日本)での販売価格は以下のとおりです(すべて税抜表示)。

  • iPhone 8 64GB ・・・ 78,800円
  • iPhone 8 256GB ・・・ 95,800円
  • iPhone 8 Plus 64GB ・・・ 89,800円
  • iPhone 8 Plus 256GB ・・・ 106,800円
  • iPhone X 64GB ・・・ 112,800円
  • iPhone X 256GB ・・・ 129,800円

キャリアからは後日改めて取り扱いモデルと価格、割引プランなどが発表されることになります。

カラーバリエーション

iPhone 8 / 8 Plusは、シルバー、ゴールド、スペースグレイの3色。iPhone Xは、シルバーとスペースグレイの2色です。

iPhone 8 / 8 Plus

iPhone 7 / 7 Plusから大きくは変わっていませんが、新型プロセッサの採用やワイヤレス充電機能の搭載などによって使い勝手が向上しています。

ディスプレイはiPhone 8が4.7インチ/1,334×750ピクセル/326ppi、iPhone 8 Plusが5.5インチ/1,920×1,080ピクセル/401ppi。新しく「True Tone」という機能が追加され、周囲の光によってホワイトバランスを自動調整するようになりました。

カメラは1,200万画素で、iPhone 8 Plusは引き続き広角+望遠のデュアルカメラを採用しています。4Kビデオ撮影では新たに60fpsでの撮影が可能になったほか、iPhone 8 Plusのポートレートモードはシャープさとボカシの自然さが強化され、さらにリアルタイムのスタジオ照明エフェクト「ポートレートライティング」が新しく追加されました。

プロセッサは新世代のA11 Bionicが搭載されました。2+2コア構成だったA10 fusionに対しA11 Bionicは2+4コアとなっていてCPU速度が25%高速に。GPUは30%高速になりました。それでいて同じバッテリー駆動時間を維持しています。

本体は引き続きIP67防水・防塵に対応。より強度の高いガラスを使うことで耐久性がアップしています。そしてQi準拠のワイヤレス充電に対応しました。オリジナルの充電パッド「AirPowerマット」が2018年に発売されます。

スピーカーは25%音量がアップしています。

iPhone X

読み方は「アイフォン・テン」です。iPhone生誕10周年を機会にリリースされる特別なモデルで、デザインから機能まで全てが一新された、まさに次世代のiPhoneとなっています。

ディスプレイはiPhoneとして初めて有機ELが採用されました。液晶に比べ高コントラストでメリハリのある映像が特徴です。サイズは5.8インチ、解像度は2,436×1,125ピクセル。画素密度は458ppiになり、通常モデルよりも精細さが増しています。またHDRにも対応しています。

前面のほとんどをディスプレイが占める、俗に「フルディスプレイ」と呼ばれているタイプのデザインです。これを実現するためにホームボタンは取り除かれていて、代わりに新しい操作方法が採用されています。たとえばホームに戻るには画面の一番下から一回スワイプ、マルチタスクは画面を上にスワイプして止める、コントロールセンターは画面を下にスワイプする、Siriの起動は側面のボタンを長押しするという具合です。

またホームボタンがなくなったことにより指紋認証機能「Touch ID」もなくなっています。その代わりに「Face ID」という新しい生体認証が追加されていて、前面に搭載されたTrueDepthカメラによる顔認識が可能です。これはロック画面の解除だけでなく、決済のための個人認証にも使うことができます。

TrueDepthカメラはこれまでのFaceTime HDカメラに置き換わるもので、解像度やf値は変わらないものの、背景をぼかした撮影や、自分の顔の動きを可愛らしいアニメキャラクターに反映させて面白いコンテンツを作成する新しい撮影が可能になっています。

背面カメラはiPhone 8 Plusと同じ広角+望遠のデュアルカメラですが中身は少し違います。まず見た目が異なり、2つのカメラが縦方向に配置されています。そして望遠カメラにより明るいf2.4のレンズが採用。光学手ブレ補正も両方のカメラが対応しています。

本体は前面と背面がガラスで、フレーム部はステンレスが採用されています。光沢のある非常に美しい外観です。防水・防塵、ワイヤレス充電にも対応しています。

5.8インチというととんでもなく大きいスマートフォンのように思えますが、ディスプレイが大きくなった一方でベゼルは極端に狭くなっているため、実際には高さ143.6mm、幅70.9mmと、iPhone 8 Plusよりもかなり小さく、どちらかというとiPhone 8に近いサイズ感となっています。重さは174gです。

プロセッサはiPhone 8 / 8 Plusと同じA11 Bionicが搭載されています。

各モデルの比較

Appleの公式サイトでは各モデルの比較ができるページが用意されています。ここで詳細なスペックも確認することができます。

情報元:Apple

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。