お金とポイント

スタバ初のポイントプログラム「スターバックス リワード」が開始。アプリもリニューアル

コーヒーショップのスターバックスが、同社初のポイントプログラム「STARBUCKS REWARDS(スターバックス リワード)」を9月20日より開始しています。

海外で先行して展開していたものを日本でも導入した形です。スターバックスカードで商品を購入すると「Star(スター)」と呼ばれるポイントを貯めることができ、貯めたポイントをドリンク、フード、コーヒー豆などと交換できるという仕組みです。

Starはスターバックス カードによる支払い50円(税抜)あたり1つ貯まります。

StarのグレードにはGreen StarとGold Starの2種類があり、始めはGreen Starを集めます。1年以内にGreen Starを250Stars集めると、Gold Starが集められるようになります。そしてGold Starが150Star貯まるごとに、700円(税込)までの商品と交換できるReward eTicketが発行されます。

スターバックス リワードにはこのほかにも新商品の先行購入や、2杯めのコーヒーが100円になるなどの特典が用意されていますが、一部はGold Star限定となっています。

スターバックス リワードは手持ちのスターバックス カードをウェブ登録することで参加できます。すでにウェブ登録済みの場合は自動的に参加となります。

スターバックスカードを持っていない場合は、モバイルアプリからデジタルスターバックスを発行できます(おサイフケータイ対応スマートフォンの場合はそのままモバイルスターバックスカードの手続きも可能)。

スターバックス リワードの開始にあわせてスターバックスの公式アプリもリニューアルされました。使い勝手が良くなっているほか、Starの獲得状況の確認や、特典への交換ができます。

関連リンク:プレスリリースStarbucks Rewardsとは

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。