学習

”ひとり英会話”ができるAI英会話アプリ「SpeakBuddy」。Android版が12月リリース

音声認識とAIを活用した英会話アプリ「SpeakBuddy」のAndroid版が2017年12月にリリースされます。月額課金型のアプリで料金は980円/月。対応するOSバージョンはAndroid4.1以降です。

現在、Android版開発のための資金集めがクラウドファンディングサイトMakuakeで行われています。プロジェクトの終了は2017年11月20日ですが、すでに目標金額50万円に対し268%にあたる134万1,940円を集め、目標を達成しています。

リターンは月額サービスの無料クーポンです。すでに「半年利用権」や「超早割1年利用権」など、いくつかのコースは在庫切れとなってしまっています。なお、ここで得られる無料利用券はiOS版アプリでも使うことができるので、iPhone/iPadユーザーも支援をする意味があります。

SpeakBuddyは、昨年iOS向けアプリの開発資金をMakuakeで募り、日本のクラウドファンディング史上、教育サービスとしては当時最大となる431万5,500円の資金調達を達成した英会話アプリです。アプリリリース後もAppleのおすすめに選ばれたりAppStoreのユーザー評価も高かったりで、英会話アプリとして一定の評価は得ているようです。

特徴は、高精度の音声認識を利用して、対AIで”ひとり英会話練習”ができることです。

ロールプレイ形式のシナリオ練習が中心となっていて、先輩や後輩、上司、顧客、取引先など、ストーリー性を持ったいろいろなキャラクターと会話ができます。6段階のレベルと、500を超える豊富なシナリオが用意されています。

1シナリオは5分あればできるようになっているところも魅力です。スマートフォンさえあれば、一人になれる場所で、スキマ時間を活かした英会話練習ができます。

会話モードのほかには、単熟語モード、リスニングモード、穴埋めモードが用意されています。また、ストーリー性のあるシナリオをはじめ、毎日の継続を支えるための機能も多数用意されています(Android版ではいくつかの機能はリリース後のアップデートで実装)。

関連リンク:MakuakeappArray

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ