Android デバイス&OS

iOS/Android版「Microsoft Edge」発表。Android向けホームアプリ「Microsoft Launcher」も

マイクロソフトがiOS/Android向けのブラウザアプリ「Microsoft Edge」と、Android向けのホームアプリ「Microsoft Launcher」を発表しました。

どちらもスマートフォンとWindows 10搭載PCとの間でタスクを簡単に行き来することができるように設計されたアプリです。

「Microsoft Edge」はInternet Explorerの後継としてWindows 10で実装された、Windows OSの標準ブラウザです。これのiOS版とAndroid版が今後提供されることになります。

iOS版はすでにAppleのテストプログラム「Apple TestFlight」にてプレビュー版が配信されています(募集上限に達したため現在はテスターの募集が中止されている)。Android版も今後すぐにプレビュー版が配信される見込みです。

プレビュー版の入手方法:Microsoft Edge Preview on iOS & Android – Now Available

そしてPCは、2017年10月17日に一般提供が始まる「Windows 10 Fall Creators Update」で対応します。

iOS/Android向けEdgeが利用できるようになると、PC上で見ていたコンテンツの続きを即座にスマートフォンで見られるようになり(もちろん逆も可)、デバイスに関係なくブラウジングを行うことが可能となります。また、お気に入りや読書リスト、新しいタブページ、読書ビューなどの使い慣れた機能も、スマートフォンとPC間で共有できるようになります。

もうひとつのアプリ「Microsoft Launcher for Android」は、マイクロソフトが提供するAndroid向けのホームアプリです。これまで「Arrow Launcher」という名前で提供されていたものが大幅にアップデートし、名前も変更された形です。

Microsoft Launcher for Androidはプレビュー版がすでに一般に配信されていて、ダウンロード&インストール後にホームアプリをこれに切り替えることですぐに試すことができます。正式版は年内に配信予定です。

プレビュー版ダウンロード:Microsoft Launcher (Preview) – Google Play

特徴は、マイクロソフトが提唱する新しいデザインコンセプト「Fluent Design」を基に設計されていることです。Windowsと共通のデザインのインターフェースで各種機能を使うことができ、また、MicrosoftアカウントにログインすることでPCとデータを同期しながら各種作業が行えます。

柔軟なカスタマイズ、Googleフィードに似た「フィード機能」、豊富なジェスチャー機能、細かく設定できる検索機能も魅力で、私も現在試用しているところです。壁紙をワンタップで切り替えるアイコンが地味に楽しいです。

関連リンク:プレスリリース(英文)

 

 

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。