防災 防犯

スマホからビデオ通話で119番通報。日立が消防向けにサービス提供

スマートフォンからビデオ通話を使って119番通報が行えるようになります。

日立は10月16日、全国の消防局・消防本部向けに、「119番映像通報サービス」の販売を開始したと発表しています。サービスの提供は2018年4月から。専用アプリが配信されます。

「119番映像通報サービス」は、スマートフォンの専用アプリから、ビデオ通話で119番通報ができるようにするサービスです。

声だけでなく映像も送られることで、消防指令センターがより素早く、正確に状況を把握できるようになり、現場に到着するまでの時間短縮につながります。

また、ビデオ通話に加えて、チャットによるテキストのやり取りや、地図の表示と位置情報の送信、さらには通訳者を交えた三者間通話機能も搭載されているので、声による通報が難しい人や、外国人による通報にも対応することができます。

現在でも自治体によってはメールやウェブによる119番通報が導入されていますが、利用するためには事前登録が必要で、しかも言語・音声などに機能障がいがある方のみが対象であり、利用できるケースが限られていました。

「119番映像通報サービス」を利用するにはあらかじめスマートフォンに専用アプリをダウンロード、インストールしておく必要があります。対応OSは、iOS 9.0以上、Android 5.0以上。

アプリをインストールしていない場合でも利用できるウェブ版サービスも順次提供されます。

関連リンク:プレスリリース119番映像通報サービス

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ