Android デバイス&OS

前後にデュアルカメラを搭載した「Huawei Mate 10 lite」。18:9のフルビューディスプレイも搭載

ファーウェイがドイツでフルビューディスプレイと4つのカメラを搭載したAndroidスマートフォン「Huawei Mate 10 lite」を発表しています。日本で発売されるかどうかは不明です。

ファーウェイの最新フラグシップ「Mate 10」のラインアップのうちのひとつで、先日発表されたMate 10、Mate 10 Proよりも下位の製品となります。

特徴は、ファーウェイがフルビューディスプレイと呼ぶ18:9の縦長ディスプレイと、4つのカメラを搭載していることです。

5.9インチ、2,160×1,080ドット(FHD+)のIPS液晶は、アスペクト比が18:9と一般的なスマートフォンのディスプレイよりも縦長で、マルチウィンドウでマルチタスクを行うのに最適とされています。また前面のうち83%をディスプレイが占める先進的な本体デザインも魅力です。

カメラは何と前後にデュアルカメラを搭載した”クアドラプル”構成となっています。フラッシュも前後にあります。

背面のデュアルカメラは1,600万画素センサー+200万画素センサーの組み合わせに。前面のデュアルカメラは1,300万画素センサーと200万画素センサーの組み合わせになっています。どちらも背景をぼかした美しい写真やポートレート撮影が可能です。

プロセッサはKirin 659オクタコア(2.36GHz Cortex A53×4+1.7GHz Cortex A53×4)。メモリーは4GBで内蔵ストレージは64GB。microSDカードに対応。OSはAndroid 7.0 Nougat。バッテリーは3,340mAh。

SIMスロットはnanoSIM+nanoSIMのデュアル構成。対応する通信方式は、4G LTE(B1/B3/B5/B7/B8/B20)、3G UMTS(B1/B5/B8)、2G GSM(B2/B3/B5/B8)。

WiFiは802.11 b/g/n、Bluetoothはver4.2。USBはType-CではなくmicroUSBです。ほかNFCをサポートしています。

本体サイズは75.2×156.2×7.5mm。重さは164 g。本体カラーは、Prestige Gold、Graphite Black、Aurora Blueの3色があります。

下の動画はファーウェイ・スペインの公式開封動画です。

関連リンク:HUAWEI Mate 10 lite

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ