コミュニケーション

座りたい妊婦と席を譲りたい乗客をマッチングさせるサービスの実証実験が開始。銀座線の指定車両で

12月11日から15日までの5日間、東京メトロ銀座線の最後尾車両内で、席に座りたい妊婦の方と、席を譲りたい周囲の乗客をマッチングさせる「&HAND(アンドハンド)」の実証実験が実施されます。

実験車両

  1. 上野駅 10:08 発 →(途中駅乗降可能)→ 表参道駅 10:33 着
  2. 渋谷駅 10:55 発 →(途中駅乗降可能)→ 上野駅 11:23 着
  3. 上野駅 11:08 発 →(途中駅乗降可能)→ 表参道駅 11:33 着
  4. 渋谷駅 11:55 発 →(途中駅乗降可能)→ 上野駅 12:23 着
  5. 上野駅 13:47 発 →(途中駅乗降可能)→ 表参道駅 14:12 着
  6. 渋谷駅 14:31 発 →(途中駅乗降可能)→ 上野駅 14:59 着
  7. 上野駅 14:47 発 →(途中駅乗降可能)→ 表参道駅 15:12 着
  8. 渋谷駅 15:31 発 →(途中駅乗降可能)→ 上野駅 15:59 着

席を譲る側として実験に参加する場合、あらかじめ「&HAND」のLINEアカウントを友達登録して「サポーター」に登録します(LINEアカウントは11月下旬以降に開設予定)。

サポーターが実験車両に乗車した後、妊婦の方が「座席に座りたい」というメッセージを「&HAND」のLINE アカウント宛にで送信すると、周囲にいるサポーターにメッセージが届きます。

座席を譲りたいサポーターは同様に「&HAND」のLINE アカウント宛に返信することで妊婦の方に座席位置などを伝え、座席を譲ることができます。

この「&HAND(アンドハンド)」というのは、Googleのアイデアコンテスト「Android Experiment OBJECT」でグランプリ受賞した「スマート・マタニティマーク」を発展させたプロジェクトです。

LINEなどのコミュニケーションアプリを活用し、身体や精神的な不安や困難を抱えた人と、手助けしたい人をつなげ、具体的な行動を後押しするというコンセプトで活動しています。

「スマート・マタニティマーク」は、日頃スマートフォンを見ていて妊婦の存在に気づかない乗客に対してメッセージを送信し、立っているのがつらい妊婦の方と、席をゆずりたいと考える乗客をマッチングします。

今回の実証実験は、大日本印刷、東京メトロ、LINEと連携し、実用化に向けたデータ検証と改良を目的に実施されます。

関連リンク:プレスリリース(PDF)&HAND、スマートマタニティーマーク

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ