お金とポイント

セブン銀行ATMでLINE Payにチャージしてみた。銀行口座への入金と同じ感覚でスピーディーにチャージ完了

セブン銀行ATMでLINE Payへのチャージや出金ができるようになったということで、実際に試してみました。

今回はチャージだけです。

LINE Pay カードをATMに入れます。

入金(チャージ)か出金かを選びます。

手数料の確認をします。チャージに手数料はかかりません。1,000円から、1,000円単位でチャージできます。

お金を投入します。

入金金額を確認します。一部入金はできませんから、例えば5千円札を使って2千円だけチャージするというのはできません。

チャージできました。カードと明細書が排出されます。

明細書はこんな感じ。

スマートフォンにはチャージ完了の知らせが来ました。

アプリからも残高を確認できます。ちゃんと1,000円がチャージされていました。

LINE Pay カードがあると、キャッシュカードで銀行口座へ預け入れするときと全く同じ流れでチャージができます。店員さんの声掛けする必要もありませんし、これは手軽でいいですね。子供や高齢の母親にも気兼ねなく利用をすすめられます(ポイント獲得を狙って)。

LINE Payカードを使わないチャージもやってみました。

LINE Payの画面で緑色のボタンをタップし、「セブン銀行ATM」を選択します。

次へをタップしてQRコードの読み取り画面を表示させます。

ATMの操作に移ります。画面右下の「スマートフォン出金・入金」をタップ。

QRコードが表示されるので、スマートフォンから読み取ります。

スマートフォンに企業番号が表示されます。

ATMのテンキーで企業番号を入力します。

ATMの画面で「確認」をタップします。

この後の流れはカードを使ったチャージの時と同じです。手数料確認、紙幣投入、金額確認、チャージ完了・・・、となります。

LINE Pay カードを使ってチャージする方法に比べて、画面を行ったり来たり、コードを読み込んだりと、行程が増えて一気に操作が煩わしくなります。カードをいつも手元に持っておく必要はありますが、より簡単にチャージしたいならカードを使ったチャージがおすすめです。

関連リンク:LINE Pay

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ