Android デバイス&OS

世界シェア4位の中国メーカー「OPPO」が日本市場に参入。大手3社からの発売も視野に

中国のメーカー「OPPO」が2月9日にSIMロックフリーのスマートフォンを発売することを契機に日本市場への参入を果たします。

当初はビックカメラなどの量販店を通じての販売となりますが、MVNOや携帯大手3社との交渉も行っているとのことで、将来的にはソニーやシャープ、Samsung、Appleなどの端末と並んで携帯ショップで販売されることになるかもしれません。

このブログでもOPPOのスマートフォンのニュースは何度か取り上げてきましたが、私自身、触れたことすら無く、実際のところ中身について何も知りません。

しかし、調査会社IDCによる2017年第3四半期のスマートフォン世界シェアでは、Samsung、Apple、Huaweiに次いで第4位につけていて、しかも別の調査によるとアジア圏ではシェア1位を獲得したということで、これらのメーカーと肩を並べる、かなり大きな実力・実績を持ったメーカーであることはわかります。OPPOは国内でも5年以内にシェア4位に食い込むことを目標にしているそうです。

OPPOアジアNO.1 – OPPO Japan

OPPOはもともとオーディオ機器のメーカーです。2008年に携帯電話市場に参入し、2011年に初めてスマートフォンを発売しました。カメラ機能、特に自撮りに強いメーカーとして若者を中心に支持を集めていて、今回日本で発売されるR11sもそれを最大の特徴として紹介しています。

R11sはOSにAndroidを採用したスマートフォンです。日本での販売価格は税抜57,980円。ミドルクラスの製品となります。

カメラはデュアル構成でポートレート撮影に対応し、背景をぼかした美しい写真撮影が行なえます。

自撮り用の前面カメラにはセンサーとAIを活用した「ビューティーモード」という撮影モードが用意されていて、膨大なデータをもとに、撮影した画像1枚ずつ、それぞれのユーザーに最適な補正を自動的に施した画像が作成されるようになっています。

ディスプレイは約6インチAMOLEDで解像度は2,160×1,080ピクセル。縦横比率18:9の流行りの縦長ディスプレイを採用しつつベゼルレスの設計なので、大画面でありながら本体サイズは155.1×75.5mmと、5.5インチ程度の製品と同程度の持ちやすさが維持されています。

プロセッサはQualcomm Snapdragon 660、メインメモリーは4GB、内蔵ストレージは64GB。256GBまで対応のmicroSDカードスロットを備えています。アッパーミドル帯の内容と言え、かなりハードな使い方にも耐えることができそうです。

バッテリーは3,205mAhと大容量なうえ、たった5分の充電で2時間の通話が可能になるOPPO独自の充電技術「VOOCフラッシュチャージ技術」が採用されています。これには少々気になるところもあり、それは、専用のケーブルを使わないと高速な充電が行えないという点です。microUSBがベースなので一般のケーブルでも充電はできますが、上記で謳っているような高速充電には、付属の専用ケーブルでないとダメなようです。

OPPO VOOC Flash Charge, Quick Charge – OPPO Global – OPPO Japan

通信は、TD-LTE(Band 38/39/40/41)、FDD-LTE(1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28)、W-CDMA(1/2/4/5/6/8/19)、GSM(850/900/1800/1900MHz)に対応。NTTドコモ、au、ソフトバンクのネットワークが使えます。また3社のVoLTEにも対応しています。

SIMカードスロットはデュアル仕様で、サイズはnano。DSDSに対応しています。このほかの通信機能として、Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac(2.4/5GHz)、Bluetooth4.2に対応しています。NFCは非搭載で、おサイフケータイ(FeliCa)も使えません。

OSはAndroid 7.1をベースにOPPOによるカスタマイズが施された「ColorOS3.2」というものが搭載されています。基本構成はAndroidのプラットフォームですがUIはがっつりとカスタマイズされていて、一部のデザインや操作方法が素のAndroidとかなり違っています。コントロールセンターと呼ばれるクイック設定専用の画面が用意されているなど、iOS/iPhoneを強く意識したものとなっています。顔認証機能もあります。

OSのバージョンアップのサポートがどの程度なのか、気になる部分ではあります。

ColorOS3.2 – OPPO Japan


関連リンク:OPPO Japan

公式のスマホ販売/予約サイト

頭金がかからないし到着も最短2日後と早いので、最近ではオンライン購入ばかりです。予約購入なら発売日に届きます。品薄の機種もオンラインなら見つかるかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターをレンタル

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京 レンタルショップ」。実際に借りてみましたがかなり便利だったのでご紹介します。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!WiFi東京 レンタルショップ