ドコモが新しいデータ定額プランを5月25日より提供 4段階のスライド式に – ゼロから始めるスマートフォン
スマホのサービス・プラン

ドコモが新しいデータ定額プランを5月25日より提供 4段階のスライド式に

ドコモが新しいデータ定額プランを5月25日から提供します。

基本的には現ユーザーが損をしないような仕組みになっていますが、方式がガラリと変わるので、新プランへ移行する際には十分に検討する必要があります。

新設されるプランは2つ

新しく「ベーシックプラン」と「ベーシックシェアプラン」の2つが提供されます。

ベーシックプランはひとりで利用する方向けのプランで、ベーシックシェアプランは家族で利用する方向けのプランです。

既存の「シェアパック5/10/15」「データSパック」「データMパック」は新プランに置き換わります。現在の契約者は25日以降もそのまま利用できますが、新規申し込みの受付けは停止されます。

4段階のスライド式料金に

新プランはこれまでのようにひと月に利用できる通信量が固定されておらず、利用した通信の通信量に応じて段階的に料金が変動していく仕組みになっています。

月のデータ通信量が各ステップの通信量上限を超えた時点で自動的に次のステップに移行し、最高でステップ4が適用されます。

ベーシックプラン(ひとり利用向け)

  • ステップ1(0~1GB):2,900円
  • ステップ2(1GB~3GB):4,000円
  • ステップ3(3GB~5GB):5,000円
  • ステップ4(5GB~20GB):7,000円

ベーシックシェアプラン(家族利用向け)

  • ステップ1(0~5GB):6,500円
  • ステップ2(5GB~10GB):9,000円
  • ステップ3(10GB~15GB):12,000円
  • ステップ4(15GB~30GB):15,000円

ステップ移行前には一応お知らせが届きますが、これまでのように自動で速度制限がかかるわけではないので、当月の使用量をこれまで以上にきちんと把握しておく必要があります。

一方でステップ4の上限に達するまでは速度制限がかからないので、毎月のように上限をオーバーしているような人にとっては、低速のままの使用を強いられたり、容量追加オプションに申し込む手間から開放されるというメリットがあります。

シンプルプランとも組み合わせ可能

新プランは月額980円の基本プランである「シンプルプラン」とも組み合わせることができます。

シンプルプランはこれまでひとり利用向けの小容量のプランと組わせることができなかったので、毎月のデータ使用量が1GB程度と少なく、電話もあまり利用しないユーザーに対しては、より低料金で利用できる環境が提供された形です。

例えばシンプルプラン+ベーシックパック+SPモード+docomo with+ずっとドコモ割プラス(プラチナステージ)の場合、月々2,480円~で利用できます。いままでの下限は3,400円程度でした。

割引サービスは引き続き適用される

「ずっとドコモ割プラス」と「ドコモ光セット割」は引き続き適用されます。月々サポートも対象です。

データの繰越はできない

データMパック以上のプランでは余ったデータ容量は翌月に繰り越して利用できましたが、新プランでは「余り」という概念がないため、旧プランのような繰り越しは起こりません。

関連リンク:報道発表資料