使い方ガイド

眩しい画面を一瞬で暗めにするiPhoneの小技

先日紹介した一瞬で画面を上までスクロールする小技と同じくらい私がよく使っているのがこの画面を一瞬で暗くする技です。

普通の方法で明るさを調整するよりも素早く暗くできるので、使い慣れるとかなり重宝しますよ。

やり方ですが、まずはこの機能を有効にする設定が必要があります。

iPhoneの設定アプリから「一般 -> アクセシビリティ -> ショートカット」と選択し、「ホワイトポイントを下げる」にチェックを入れます。

これで有効化は完了。実行するにはサイドボタン(iPhone 8以前ならホームボタン)を素早く3度押しします。すると画面が一気に暗くなるはずです。もう一度3度押しすれば元に戻ります。

暗くした状態の明るさを調整したいときには「一般 -> アクセシビリティ -> ディスプレイ調整」と選択し、「ホワイトポイントを下げる」のスライドを左右に動かします(スライドが表示されていない場合はボタンの3度押しで画面を暗い状態にしてください)。

これ、一体何をしているかというと、明るい色の明度を下げているのです。「画面の明るさ」とはまた違う独立した要素なので、例えば「ホワイトポイントを下げる」の設定を100%にしておいて、その状態でさらに画面の明るさを下げれば、いつもより画面をずっと暗くすることも可能です。ですから眩しさに敏感な方にも有効な小技なんですね。

ということで、暗い寝室や映画館など、画面の明るさを一気に、より暗くしたい場合に活用してみてください。

コメントを入力

CAPTCHA