使い方ガイド

ロック画面から一瞬でカメラを起動するiPhoneの基本技 懐中電灯も

スマホのカメラを今までよりも素早く立ち上げられたら素晴らしいと思いませんか!?iPhoneにはロック画面から即座にカメラを立ち上げることのできる仕組みが標準で備わっています。基本的な機能ですが覚えておくといろいろなシーンで活躍しますよ。

右端から引っ張ってくる

ロック画面で左にスワイプ操作すると、画面右端からカメラの画面が出現し、そのまま撮影することができるんです。

ロックが解除されていない状態でも撮影できるところがポイント。慌てていてもシャッターチャンスを逃しません。

グッと押し込んで

iPhone X/XS/XS Maxの場合、上記の方法に加えて、ロック画面右下のカメラアイコンをグッと押し込むことでもカメラを立ち上げることができます。

ロック画面左下には懐中電灯のアイコンが表示されていて、これも同じようにグッと押し込むことで懐中電灯(カメラのLEDライトを利用して手元を明るくする機能)を即座にONにすることができます。

このグッと押し込んで何らかのアクションを起こす仕組みを3D Touchというのですが、iPhone X/XS/XS Maxの場合は3D Touchを使った立ち上げ方を普段使うようにしておけば、カメラも懐中電灯も同じやり方で立ち上げられるようになってスマートですよ。

なおiPhone XRは3D Touchではなく「Haptic Touch」が採用されているので注意してください。基本的にiPhone X/XS/XS Maxと同じなのですが、押し込むのではなく、アイコンをロングタップ(長押し)することでアクションが発生します。

コメントを入力

CAPTCHA